山口真帆さんに学ぶ不運のパターンと最悪を回避する態度

sponsored link

不運の原型と言ったら大袈裟ですが、ノックの

仕方というものは幾つかパターンがあります。

「不運が気になる場合」に少し書きましたが

ノック回数が1回ではなく5回だったりするので

成長しない人は、不運続きになります。

そして、不運にとらわれ過ぎるタイプの人は、

元々から月が不安定だからです。

そうなると外側も内側を大揺れになりますから、

内面に安心を増やす行動パターンとトランジットの

影響のように外側からやって来る要因に

対処する必要があります。

パニック状態になる人は、この二つをごちゃ混ぜに

してしまって収集が付かなくなるのです。

例えば、少し高度な不運のパターンに

自分を知るはずのないものが、直接の原因になって

アクシデントを発生させる場合があります。

NGT48の山口真帆さんの暴行騒動等がそうです。

sponsored link

誰かが教えなければ、絶対に帰宅時間等は、

分からないですし、知らない暴行犯2名の存在や

絶対に見えない場所から様子を窺っている事等々、

山口真帆さんの動きを遠くから見ている実行犯に

誰かが教えなければ山口真帆さんだという

ことすら気が付くことが難しい場合もあるのです。

しかし、それが現実に起こります。

山口真帆さんの生まれ時間が分からないので、

細かいところまでは分かりませんでしたが、

このようなパターンは別に彼女にだけ起こる

ことではありません。

幽霊よりも生身の人間の方が厄介なケースです。

このようなパターンの不運は、第三者には

分からなくても、当事者間ではすぐにピンと

来るものですから、パニック状態にならなければ

不運の実行犯が見えるわけですから、対処の

仕様があります。

成長を促す部分も大いにありますが、山口真帆さんの

場合は、心身に重大な危機が及ぶ可能性も

あり得ますから、のんびりは出来ません。

実際の不運が絡む成長は、真剣な戦いという

側面もあるのです。

山口真帆さんは、その戦いという意味合いの火星に

アスペクトのないことが大きな要因になっています。

最悪を回避するには、絶対にパニック状態に

陥らないことです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!