不運を避けるお呪いの本質

sponsored link

その人が愛されるかどうか、どのように

愛されるかは、生まれた時の条件にかなり

左右されます。

身も蓋も無い言い方ですが、実感としても

多くの人が感じることが出来ることだと思います。

しかし、多くの人に愛され易い人や

そうでないタイプの人という違いはあっても、

まったく愛されないタイプの人はいません。

様々な不運は、その対象から愛されないことから

起こりますから、一切のものと愛が通じ合えば

いかなる存在からも害されることはありません。

ところが実際は、誰とでもそのような関係に

なることは、難しいでしょう。

かなり立派な人でも、その立派さ故に迫害される

こともあります。

地球環境の求める愛と人間の愛は異なります。

前置きが長くなりましたが、自分を守るお呪いの

本質は、愛を感じられる状態を言葉や行為で

作り出すことです。

ですからそれは、限りなく主観的な行為です。

占星術的には、月と結び付いた行為になります。

客観的に完璧に自分を守ろうとすると、

ノイローゼになります。

それは、不可能だからです。

しかし、自分の中に安心感を感じることは

不可能ではないですし、安心感を感じることが

出来る人は、不運をはねのける力が

そうでない人よりもはるかに上回ります。

繰り返しますが、お呪いやゲン担ぎは主観を

整える一手段です。

現実に直接的な影響を与えるわけではありませんが、

安心感が増すことによって向上するパフォーマンスや

判断力等のパフォーマンスの影響は絶大です。

sponsored link

安心感を失い疲弊仕切った人が最悪の選択を

する理由は思考が停止するからです。

思考が止まれば、気持ちは簡単に背中を押されます。

それも不意に押されます。

喜怒哀楽は、一瞬にして変化します。

だからこそいつでも安心感をある一定の水準に

保つことは大切です。

その始まりは、個人的なお呪いです。

その原点は、あなたの先天的とも言える月の時代に

生きていた感受性と繋がるパイプにあります。

お呪いが力を発揮するためには、無条件に愛を

信じられる生きた感受性が必要になります。

何も信じられない人には、どんなお呪いも

利きませんが、そんな人はいません。

誰でも何かを信じて正当化しています。

そのような意味では、イワシの頭を信じている人も

学歴やブランドやキャリアを信じている人も

本質的には同じです。

もちろん、その有効性は違います。

しかし、誰でも心の不安を抑えられるほどの

現実を作り出せるとは限りません。

目的が不安の解消であれば、お呪いで十分です。

客観的な手段は、目的に沿ったもので無ければ

失う時間や労力が本当に無駄になります。

そのようなものに人の不安を鎮める力はありません。

それらは目的に沿った装置です。

愛された記憶がない人でも、愛された感触は

どこかにあるかも知れません。

愛という言葉が意味不明な信用に足らない

言葉であれば、温もりという言葉でも

良いかも知れません。

温もりという感触の記憶です。

それは、不安を退けてくれます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!