1月21日の獅子座の満月

sponsored link

簡単に言うとこの満月は、自分に本当の軸を

据えるタイミングです。

意識的にそうすると言うよりも、今までの

流れと蓄積の結果として、そのような

意味合いを持つということです。

それを簡単に言えば、以下のような感じに

なるかも知れません。

1、自分自身の中にある裏表を出来るだけ

解消する。

2、大人しく上品であるよりも、本気で取り組む。

3、人間関係に対する気持ちの落差を必要以上に

大きくし過ぎない。

裏表のないとは言いませんが、本音と建前が

極端に違うと獅子座の満月は使いこなせません。

4、見せかけの真面目さは不要。

獅子座の満月は、対抗サインも固定サイン

ですから、個人的な行動においても、不器用な

くらいの本音が正解です。

5、獅子座の満月を生かそうと思えば、その本質は

プライドであって散財して作り出すような

見せかけの派手さではありません。

6、5と通じるものかも知れませんが、プライドは

行動や実績で示すものです。

威張ったり怒ったりすることで満たすものでは

ありません。

まとめ

獅子座の満月に虚栄心は不要です。

良い意味で、ありのままの自分で本気で勝負し出す

折り返し地点です。

これは精神論ではなく、あくまでも自分自身の

生き方の軸がすっきりと見えるタイミング

ということです。

今、感じていることを大切にすることで

今後大いに発展します。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!