第12ハウスとお呪い

sponsored link

全ての人のホロスコープに第12ハウスがあるように

全ての人、物、生き物には、第12ハウス的な

側面があります。

これはある意味、呪術的なポイントを誰もが

持っていることを示唆しています。

最近のニュースでも、ある犯罪者が逮捕されたら

その容疑者も大変な虐待を受けて育っていた

というような報道がありました。

どのような傷を持っていても、それによって犯罪を

行えば自分が可愛そうですし、何よりも大変な思いを

して育った人こそ幸せになるべきなのです。

逮捕されている場合ではありません。

全ての傷を癒すような万能の愛は、なかなか出会う

ものではありませんが、小さな励ましや元気、癒し、

温もりや可愛らしさ等々、いくらでも傷を後ろ向きに

しないための要素はあちこちにあります。

それらをただのちっぽけな偶然にしないで、

自分を助けてくれるお呪いとし捉えるための受信装置に

自分自身の第12ハウスはなり得ます。

そしてそれぞれの第12ハウスは発信装置になり得ます。

ふとすれ違った名前も知らない誰かが、途轍もなく

輝いて感じられる瞬間があります。

2度とすれ違うこともない誰かであれば、それはもう

肉体を持った霊のような印象になります。

それと似たようなエネルギーを大なり小なり様々な

物も特定の誰かとの関係において発する相性があります。

sponsored link

他人から見たらただの物が、それは誰かにとって

愛の欠片に入ったお呪いアイテムになります。

100パーセントの効力があるお呪いは、主体を

奪い去る危険な代物です。

どんな人にも物にも少しずつある呪術的な要素を

上手に集めて自分を守るお呪いは、かなり実際的です。

日常に紛れ込むようなものには力がないと考える人も

いるかも知れませんが、実際に役立つのはそのような

ものです。

日常生活に自分なりに神聖なものを持ち込む

価値はあります。

神聖と言っても、全てに少しずつ混じれば十分です。

大切なことは、一つのものに多くを期待しないこと

ですが、全てを繋げれば自分自身に必要な言葉が

ちゃんと浮かんで来ることです。

これが本当のお呪いです。

何かの理由で消えそうな部分があれば、新たに

書き足す必要があります。

表に書いてあることと、その人にしか読めない言葉で

書いてあるものの意味は違います。

自分自身がかけているお呪いを読み取れる人がいたら

赤い糸で結ばれている相手かも知れません。

親友かも知れません。

何はともあれ非日常的なものは、長続きしません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!