発達障害とお呪いの関係が作り出す独自の金運

sponsored link

発達障害の方やそれに近い人は、ありのままの

自分では社会の中で生きていくことは出来ません。

どんなタイプの人でも素のままで外に出る人は

いませんが、発達障害的キャラクターの人は、

どこにいても素のままでいるような態度になるか、

それが無理だと理解して自閉してしまうか、

鬱や鬱っぽくなってしまうのかという極端な変化を

することが多いように思えます。

発達障害的キャラクターの人はかなりの数になると

推察されるのですが、一つの意思を持った勢力と

なれないのは、他の発達障害の人と気持ちを

通わせてグループを作ることが困難だからです。

ホロスコープを通して観ても、蟹座的共感に

困難を抱えている場合が多く、そのパターンは

様々なものがあります。

重要な感受点に蟹座があっても、スクエア等の

アスペクトで他の天体と繋がっていて、空気を

感じていても、あえて他の感受点の要素を

優先させるタイプの人も発達障害的キャラクター

の人のように他人には映ります。

このようなタイプの人は半分は自覚しています。

天然キャラではありません。

それで不利益を被っても止められないのは、月の

サインから窺える場合もあります。

sponsored link

このように考えていくと、発達障害はキャラクターの

一つと言えるかも知れませんが、やはりその性質と

本人が不可分であり、その影響が心身に及ぶことで

普通の意味での注意散漫、物忘れ、物事を秩序

立てることにかなりの困難があり、そのレベルは

普通の人から見たら知性を疑ってしまうような

状態ですらあります。

不思議な思考回路の結び付きが生む記憶は、

本人ですら簡単に引っ張り出せないのです。

このような思考回路を動かすには、普通とは

異なる圧力をかけて起動させる必要があります。

どうやって起動させるかという方法は、その人の

身体の性質や癖によってやり方は様々ですが、

集中した状態を呼び起こすことが出来れば、

論理を飛躍して欲しいものや望む状態を得るための

ヒントや結論を脳内に持ってくることが出来ます。

普通の人であれば、集中するものであって

集中した状態を呼び起こすものではありません。

発達障害的キャラクターの人のこのようなプロセスは

完全にお呪いです。

言葉のイメージとして呪術的思考とまで書くと

オカルトっぽく響くかも知れませんが、論理を超えた

力を借りて願いを叶えるという意味では、とても

呪術的です。

あくまで言葉のイメージの響きでお呪いと

呪術的思考とを区別していますが、その違いは

その人の持っている霊媒体質の程度です。

嘘みたいな話ですが、発達障害的キャラクターの

人の中には、自分に必要な情報にコミットする時に、

霊が教えてくれているとしか思えない人もいます。

それは自分を害するものの存在の通知であったり、

ある種の金運についての案内だったりするのですが、

あまりにもピンポイントなので、肉体を持たない

誰かがその人に知らせなければ無理というレベルです。

このようにお呪いと呪術的思考の幅はかなり

広いものがありますが、それらを有効に使い

こなしている人の共通点は発達障害的キャラクターを

コントロールするために、医療機関が提供するものを

口にしないことです。

身体をコントロールする自分に合った方法で、脳内の

コンディションをクリアにするのです。

これが出来ていない時は、そのような人は、まるで

壊れているとしか言えませんし、完全に動けなく

なることもありますから、本当は医療機関に協力を

求めるべきなのかも知れませんが、失うものも

大きいからか拒否されます。

そのような状況を作らないためには、更なる

お呪いとも言える生活ルーティンを見つけて

実行する必要があります。

普通の人には、なぜそれがどうしても必要なのかは

分かりませんし、発達障害的キャラクターの人も

説明は出来ません。

発達障害的キャラクターの人が自分に必要な

お呪いを全て用意出来れば、年収1000万円を

超えることも不可能ではありませんが、やはり

普通の人にはなれません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!