愛の限界

sponsored link

悲惨な虐待の報道が後を絶ちません。

子供との相性によっては、子供と冷静に

向き合えない場合もあるかも知れないと

思い、一つの例えとしてスクエアの相性を

書いてみました。

12サイン別、スクエアの相性で考える子供の躾、その1

12サイン別、スクエアの相性で考える子供の躾、その2

愛は最後のセキュリティのはずなのに、

現実では当てになりません。

政府は統計情報を偽ったり、保護を求めても

最後まで子供を守り切れなかったり

どこにも逃げ場はないように思えます。

やり方を間違うと逃げ場は見つかりません。

どんな場所にもそこでしか通用しないルールがあります。

そのルールの中だけであれば、政府の統計情報を

偽っても問題になりません。

ある家庭の、ある状況であれば、子供を苦しめても

問題になりません。

なぜなら、そこでしか通用しないルールに

支配されているからです。

このルールを変えることは至難の業です。

愛は本来、最後のセキュリティであって

欲しいものですが、その愛がどのような条件(ルール)を

求めているかでその愛の内容は様々です。

自分に合った愛の世界を探して下さい。

どこかにあります。

戦わないで下さい。

自分に合わない愛を信じないで下さい。

それと同時に、そのような愛を否定することも

止めて下さい。

自分に必要な愛が見つけ難くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!