池江璃花子選手の白血病について

sponsored link

池江璃花子選手が白血病であることを

発表されました。

2018年8月には、アジア競技大会で6つの

金メダルを獲得し、東京オリンピックでは

メダルを獲得する確率が相当高いと

期待される選手です。

太陽、水星、金星、火星が蟹座で水のサインが

4つもありますが、健康面に必要な地のサインは

大事なポイントである土星にあります。

しかも牡牛座なので、身体的な資質には、

それなりに期待出来る部分もあると思うのですが

まさかの、白血病です。

生まれ時間が分からないので、何とも言えませんが

池江璃花子選手の身体能力からイメージ

されるものは、かなりの健康体ですが、

白血病に影響しそうな月のアスペクトを考えると

21時前後から日の変わり辺りまで月と土星と

天王星のTスクエアがあることになります。

月と土星の緊張したアスペクトがあると

それだけでも血液に負担がかかります。

sponsored link

池江璃花子選手は蟹座に4つも天体がある

蟹座タイプで、蟹座の支配星は月です。

Tスクエアは、悪く取れば、過度な緊張を

強いるアスペクトですから、考え方によっては

池江璃花子選手にとって重要な見えない

ボディである蟹座的要素に、白血病になるほどの

負担が累積してしまったと言えるかも知れません。

月と土星の複合アスペクトで緊張が高い場合は、

白血病等の原因不明の病気になる確率が

高くなります。

ヨッドのようなインコンジャクト二つで

繋がっていて、その片方が土星とアスペクトが

ある場合でも眼球が崩壊したり、突発的な

難聴になる人もいます。

名前も観てみましたが、天格、人格、地格の五行の

並びが火・火・水で急激に体調を崩したりする

可能性がある五行の組合せです。

地格は29画なので、何かしら天性の才能が

期待出来る名前なのですが、地格は健康面も

表す部分なので、身体にとっては才能の酷使

とも言える状況だったのかも知れません。

外格は、20画で勝負事は好きですから、

早く元気になって復帰されたい気持ちは山々

でしょうが、やはり簡単な病気ではないので

まずは、健康を取り戻されることを

お祈りいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!