陰陽道と姓名判断

sponsored link

陰陽道には、陰陽、五行、呪禁、占術、宿曜術、

風水、道教の魔術等を扱っていた平安時代の魔術です。

この中から、陰陽や五行を扱ったものが姓名判断にも

取り入れられています。

多少、画数の意味するところに問題があっても

五行が相性していると良い部分が生かせたり

することもあります。

陰陽に関しては、単なる積極的とか消極的と言った

以上のものがあって、陰陽のレベルを細かく分ける

ことで、その画数の隠れた性質を考えることも

可能になります。

最近の事件性のある人たちの姓名判断をしていると

16画という吉数を持った人がけっこう目に付きます。

基本的に指導力もあり親切な吉数ですが、関わった

人のエネルギーを奪う側面があります。

このように書くと誤解されますが、それ以上に

他人にエネルギーを与えるのが16画です。

ただ、他の部分の画数とのバランスで奪う側面が

強くなる場合もあるということです。

陰陽道は平安時代から明治の初め頃までのことであって

正確には、どのような感じで陰陽を扱っていたかは

分かりませんが、画数の五行の意味を深く知るのにも

有用です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!