原因が分からない病気と月と土星のアスペクト

sponsored link

大人になってからは、普通の人よりもタフなのに

実家で暮らしている頃は、やたらと病院に通うが

多かったり、体調が優れないというタイプの人は

母親を始めとして、家族の誰かの土星と自分の月の

アスペクトがハードアスペクトであることが

多々あります。

「池江璃花子選手の白血病について」に、

月と土星の複合アスペクトで緊張が高い場合は、

白血病等の原因不明の病気になる確率が

高くなります。

ヨッドのようなインコンジャクト二つで

繋がっていて、その片方が土星とアスペクトが

ある場合でも眼球が崩壊したり、突発的な

難聴になる人もいます、と書きましたが、

これはが家族間の相性でも、それなりに

働いてしまうのです。

月は子供を表しますから、特に自分自身が子供に

当たるような関係性は、要注意です。

もし、自分自身のホロスコープの中にそのような

アスペクトがなければ、両親との相性を観てみても

何かしらの発見があるかも知れません。

原因不明の病気は、何らかのストレスがDNAの

スイッチを間違った形で入れるようなものかも

知れません。

もし、体調不良が続く場合は家族間の相性を

占ってみて下さい。

自分自身のホロスコープの中で月が土星に

圧迫されているのであれば、絶対に無理は禁物です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!