健康と気の関係

sponsored link

「池江璃花子選手の白血病について」

原因が分からない病気について書きましたが、

身体にある弱点が表に出るか、出ないかは、

気がどれくらい充満しているかによります。

気というととても抽象的に思えるかも

知れませんが、人や生き物の命と身体を

繋ぐエネルギーです。

身体から命が去れば、腐ってしまいます。

命と身体を繋ぐ部分にどこか亀裂があると

そこから身体の不具合が始まります。

亡くなる時は、命と身体を繋ぐ気が全て

千切れていきます。

身体が健康であっても、命と繋ぐものが

希薄になると、その人のオーラはセピア色に

なりますし、こうなるとどんなに美しい人でも

幸運にはなれません。

気は、形を変えて人体を巡ります。

人体だけではなく、様々な生き物たち、

動物や植物の中身に充満します。

気は見えませんから、どうやって整えるかは、

気を感じられなければ扱うのは無理ですが、

身体感覚の延長にあるものなので、自分自身が

元気(気)かどうかくらいは、気を無視しなければ

分かります。

人それぞれ持っている気は違いますから、自分に

似た類の気しか分からないのが普通です。

逆に言えば、自分の気は落ち着けば感じられる

ものです。

日頃から整える時間を持つことが大切です。

そのようなケアする時間を失うと、どんな人でも

気が滞っていきます。

そのような状態が慢性化すると、健康を

害してしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!