テキシアジャパン銅子正人容疑者について

sponsored link

テキシアジャパンホールディングスの投資詐欺が

問題になっていますが、その実質的な経営者である

銅子正人容疑者の姓名判断です。

姓名判断は、旧漢字で行っています。

総画数は、24画で、五行は土性です。

天格は、17画の五行は、金性です。

人格は、8画で五行は、金性です。

地格は、7画で五行は、金性です。

外格は、16画で、五行は土性です。

最近の事件に多いパターンですが、やはり吉画である

16画があります。

しかも対人関係や社会との接点になる外格に16画が

あるので、他人から運を吸収する能力は、非常に

高いものがあります。

しかも、総画数の24画も他人の運を吸収する画数

であり、外格の16画が土性で総画数の24画は

火性ですから、外格の対人関係を盛り上げる相性です。

キングというニックネームを持っていて、コンサート

等もしていたようですが、対人関係においては、

有利な組み合わせです。

しかも、総画数の24画は、金運の定番というべき

画数で、一見大人しい雰囲気ですが、いつの間にか

金運を伸ばしていくタイプです。

24画は、棚ぼた式の金運に恵まれるタイプです。

ただし、全体のバランスや周囲との関係で規模や

内容は変わります。

占星術で言えば、第2ハウスに海王星があるような

イメージの金運になります。

sponsored link

銅子正人容疑者は、地格が7画で総画数が24画

なので、多重人格と言うか、複数の人格を

持ち易くなります。

総画数の24画の五行は火性で地格の7画は金性の

組合せは、火力の弱い火でえ、じっくりと金属の

表面を溶かして煙にしていくイメージです。

その煙が幾つか人格になります。

銅子正人容疑者の場合は、経営者、歌手、神主という

ことになるのかも知れませんが、24画の火は、

勢いがないので煙のようにゆらゆらしたものに

なりますから、まだまだ小さな別の顔があるはずです。

しかも、地格(名前)の7画は、五行が金性でも

動じないというか、譲らない金性なので、

総画数の24画の他人の運を吸収する時でも

まったくブレがありませんから、嫌らしさがない

というか、それどころか人気が出たりします。

7画は、媚びたりしないので、同じ他人の運を

吸収するタイプでも、かえって愛されるような

現象が起きます。

逆に言えば、自分が折れないといけないような

相手を、最初から選びません。

銅子正人容疑者の天格、人格、地格の五行は、

全て金性ですから、とても冷静な性格です。

精神的には、満たされません。

この過剰さを癒すものを常に求めているのかも

知れませんが、悪く出れば強情過ぎて失敗します。

今回の逮捕劇も、やり過ぎたからでしょう。

天格(苗字)17画と地格(名前)7画のバランスも

やり過ぎる人にありがちな組み合わせです。

銅子正人容疑者の天格、人格、地格の五行が

全て金性であるというぶれない部分と上記したような

他人からエネルギーを奪う性質が噛み合ったから

460億円という額になったのかも知れませんが、

このように金性が3つ並んでいるならば、それに

対応する五行の流れの仲間が多数存在する

必要があります。

第何ハウスに海王星があるのか知りたいタイプの

容疑者です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!