愛する人が必要な理由

生きていると様々な大変なことがありますが、

一番厄介なことは、愛する人がいないことです。

愛する人がいないということは、最終的には

生きる意味や自分の居場所がないことを

意味します。

どんな立派な考えや言葉、多くの財産も

一人ぼっちであれば価値がありません。

愛する人がいなければ、死であっても

希薄になります。

会ったことのない、名前も知らない人のために

真剣に祈ることが出来るでしょうか。

自分自身の何かを託せる相手を大切にする

ということはエゴイスティックな側面は

ありますが、愛の原点です。

洗練されないままであれば、所有者のように

振る舞う人もいますが、まったく関わりのない

存在に対して愛着を感じることは不可能です。

人生にある様々な困難自体が辛いわけでは

ないはずです。

愛する誰かのために頑張れないことが、人生を

辛いものにしているのです。

生きることは、基本的に大変ですが、本当は

それが問題ではありません。

愛する人でなくても、本当に仲の良い人や

気持ちを分かち合える人、親しい人の存在が

問題なのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!