ダメージを受けてから立ち直る時に、まずすべきこと

sponsored link

立ち直れない人は、気持ちが切れています。

どんな状況でも立ち上がって来る人は、

倒れているように見えても、チャンス待ちです。

動けるだけのエネルギーが集まるのを

待っているだけです。

ここから先が問題です。

この時に誰かを当てにして、その当てにする

相手に隙が出来たからチャンスとか、現在、

弱っているから交渉にいこうとする人は、

完全に間違います。

狙えると思って撒き餌を撒いて損をします。

懐柔出来るつもりが、そうはならないのです。

動けるようになった時に、まず第1にすべき

ことは、自分の気持ちに結界を張ることです。

立ち直れない時間が生じたということは

何らかの理由で気持ちの外側の枠に破損が

生じています。

これはもう感じ方ですが、オーラ的には

その破損個所はあります。

それを修復するのが気持ちを整えるという作業です。

これをきちんとしてから動かないとエネルギーは

漏れていきますから、思う様な結果は出ません。

当の本人であれば、何が理由でエネルギー漏れを

起こしてしまったのか自覚もしくは、見当が

付くはずですから、直接そのことに対処する

のではなく、それが開けた破損個所を丁寧に

閉じることです。

絶対に原因そのものを深追いしてはいけません。

傷口が広がり、そこからさらにダメージが

深刻化していきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!