第1ハウスに天体がある人のパートナー選択の重要性

sponsored link

恋愛や結婚の本当の選択肢の考え方でも

触れましたが、自分自身の負の部分を

受け入れてくれる相性というものは

とても重要です。

伸ばしてくれる相性とは、また違うものです。

どうしても治せない性格みたいなもの、

そうとしか生きようのない性格があります。

特に第1ハウスに冥王星が入っていたり、

海王星、天王星でもそうですが、そのような

タイプの人は、変更が利きません。

上記の3つの天体は、特別に強烈というだけで

第1ハウスに天体があると、何かと融通が

利き難く、そのキャラクターをそのまま生かす

方向に向かって生きていくしかありません。

そこにサインの性質も加わっていきますが

ここでは割愛します。

そのようなほとんど変更の利かない部分を

持っていると、その能力を発揮する意味でも

それを受け入れて理解してくれる相性の

パートナーはあまりにも貴重な存在になります。

第1ハウスに何らかの天体があると何かと

個性的になりますが、なかったとしても

アセンダントの支配星は、その人にとって

重要な働きをしますから、支配星のハウスや

アスペクト、サビアン等々、要チェックです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!