12サイン別、長所と短所(牡羊座から牡牛座)

sponsored link

12サイン別、長所と短所というタイトル

ですが、日々の中で、最高も最低も

なかなかありませんから、長所と短所の

幅を意識すると役立ちます。

それぞれのサイン(星座)は、度数によって

その意味合いに幅がありますが、それは

可能性の振れ幅でもあります。

常に良い方向に振れるように自分を調整

していると幸運が舞い込み易くなります。

牡羊座

関心事に損得抜きで飛び込めます。

この反射が、純粋な閃きに支えられていれば、

クオリティの高い行動が生まれます。

邪心が入ったり、自分磨きが足りないと

行き届かない残念な行動に終わります。

牡牛座

基本的に他人と自分を比較せず、己の資質に

集中して取り組める牡牛座は、肩肘を張らずに

マイペースで生きられます。

他人に振り回されない資質は、言葉以上に

かなり強味になります。

しかし、自分に甘い牡牛座だと、マイペースな

性格はわがままな甘えん坊になります。

双子座

双子座の情報を扱うセンスは、オールラウンドな

実務能力を発揮させます。

もちろん、その才能の幅には個人差はあります。

同じ双子座でも、このような才能に差が

生まれるのは集中力や性格の芯の有無です。

有無の無に傾くと、どれも中途半端に終わります。

sponsored link

蟹座

蟹座は仲間内に限りますが、優しさを繋ぐような

言動を頻繁に行います。

そのレベルは、ファミリーと言っても構いません。

だからこそ、蟹座は気持ちが淀めば淀むほど

他人を羨んだり恨むようになります。

そのせいか、意外と宗教にはまる傾向があります。

獅子座

獅子座は自分の気持ちを掲げてひるまずに

突き進む姿が輝くサインですが、その理想の

レベルが低いと自己を過信した傲慢なキャラに

なっていきますから注意が必要です。

本当の王様か裸の王様かの違いでしょうか。

振れ幅の大きなサインです。

乙女座

乙女座のベストの状態は、何事においても、

自分の責任にいては、一点の曇りもない

完全な仕上がりを目指します。

しかし、調子が悪くなったり、レベルが低いと

その完璧志向が故に狭量、頑固といった

扱い辛い人間になります。

それは乙女座が自己防衛状態になっている

だけなのですが、守りに入るとやたらと

強いので始末に負えなくなります。

天秤座から魚座はこちらです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!