月の12サイン別、幸福感を失わないためのヒント

sponsored link

有村藍里さんを通して考える美容整形手術の

愛される範囲に、「月を破ると一切の努力は

無駄になるどころか頑張れば頑張るほど

自分を傷付けます。」と書きました。

誰だって最終的には、幸福になるつもりで

頑張っていますが、月サインの性質を無視した

頑張り方をすると努力が幸福を突き破ります。

「どこまで頑張れば許されるのか」という

問いを発する人がいますが、自分の月サインが

許容するところまでです。

牡羊座の月の場合

わがままいっぱいで、好きに振る舞う

イメージがありますが、愛を注いでくれる

誰かがいなければやっていけません

閃きのままに動いているように見えても

愛という子宮の中にいます。

牡羊座の月は現実の中にはいません。

牡牛座の月の場合

自分の信じているピュアな部分を

裏切ってしまうと全てが意味を失います。

自分の太陽サインが、水瓶座や獅子座の場合は

そのピュアさをそれぞれの理由で無視しよう

とする考え方を実行したくなりますが、幸福が

色褪せます。

一度拒否してから、それから応相談です。

双子座の月の場合

双子座の月は、好奇心に基づく自由と自分に

注意を引くことを計りにかけますが、自由を

選ぶタイプの人です。

双子座の月で太陽サインが乙女座だったりすると

好奇心と安全の線引きで、自由を一部捨てるかも

知れませんが、幸福感は褪せます。

蟹座の月の場合

自分の気持ちの反応を無視して努力することは、

幸福感を駄目にしてしまいます。

嫌だと感じることに理屈はありません。

それが通らないと、表立ってか、裏かは

それぞれですが、相手に対して攻撃的になります。

しかし余計に気持ちが荒れていきますから

自分に気持ちの無理をさせないことが大切です。

獅子座の月の場合

獅子座の月は無意識に信じている何かを肯定

するために、思い切った言動で盛り上げようと

あの手この手を駆使します。

その行為は時として周囲に受け入れ難いもの

かも知れませんが、反省するよりも環境を

変える方が適切です。

そのような行為をする自分自体を否定すると

幸福感は消えてしまいます。

乙女座の月の場合

自分の感情を剥き出しにすると、幸福感は

壊れてしまいます。

どんな太陽サインであっても、澄まして

いられるような状況を自分の乙女座の月の

ために作ってあげるべきです。

sponsored link

天秤座の月の場合

他人とのナチュラルな交流が出来ない環境に

天秤座の月を放置したらいけません。

太陽サインがどんな目的を持っていたとしても

月のサインにはさせたらいけないことや

無駄に思えても必要なことがあります。

蠍座の月の場合

自分の気持ちの穴倉の中に埋没する時間が

ないほど忙しく過ごすと事故やトラブルに

遭遇します。

また何らかの理由で、そのような時間を

大切にしない場合は、愛する人を束縛して

嫌がられたり逃げられます。

蠍座の月の最も深い部分は、誰にも

見せられないからこそ、一人の時間が

必要になりますから、太陽サインの求める

合理性でそのような時間を奪えば、幸福感は

失われます。

射手座の月の場合

射手座の月の幸福感は自由が支えますが、

その自由は精神的にも感情面でも自由が

許されなくてはいけません。

月サインが射手座であれば、そのような

自由を無意識に当然と思っています。

そのような自由を制限する太陽サインを

持っている人は、月サイン射手座の幸福感を

破ってしまい易くなります。

射手座は爽やかな印象がありますが、

けっこう毒舌です。

どこかで毒抜きをしましょう。

ただしやり方を間違えると大惨事になります。

山羊座の月の場合

山羊座の月の無意識に働く損得感情が、常に

一定の緊張を自分自身に強いてしまいます。

そんな山羊座の月にとって、何も要求

されない、何も支払う必要がないと

感じられる時間や場所、相手は失って

ならないものや存在です。

太陽サインによっては、そのようなものを

手放して更なる利益をあげようとするかも

知れませんが、何のために頑張るのか

意味が分からなくなります。

水瓶座の月の場合

水瓶座の月は、一般的な幸福感に通じる

ものを自分から遠ざける傾向があります。

そんなタイプの人が失ってはならないものは

論理を超えた直感で捉えたものです。

これを太陽サインによっては、単なる閃き

だからと、捨ててしまうと本当に全ての

温もりが消えてしまいます。

魚座の月の場合

共感する気持ちは強いのに、現実的な絆の

感覚が明確に持てない魚座の月は、どこかしら

捉えどころのない危うさがあります。

だからこそ奉仕すべき何かを求めます。

尽くすと言っても良いかも知れません。

しかし、その対象や相手は変化して魚座の月の

人の下を去っていくかも知れませんし、

拒否するかも知れません。

それでも魚座の月の人の気持ちは正しいのです。

太陽サインが囁く理屈に騙されてしまって

もう誰のためにも働かない、尽くさない、

愛さない等と決めてしまえば幸福感は

消えてしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!