心の葛藤が多い人と愛情

sponsored link

占星術で悩みを解決したい人はスクエアを

中心としたハードアスペクトが多い傾向が

あります。

ある意味これはラッキーな部分です。

相性を自分の意思で作り出せます。

「うん?」と思われるかも知れませんが、

スクエアであれば、相反するどちらかの

価値を肯定しなくては、パートナーを

選ぶことも難しくなります。

言い方を変えれば、パートナーと

仲良くいたければ、どちらかの価値を

自分で担うことが必要になります。

それを拒否すれば、誰と交際しても

上手くはいかなくなります。

これは地獄のスパイラルです。

楽な愛に逃げ続けると葛藤が多い人の愛は

どんどん目減りしていきます。

これは苦しい愛に耐えなければならない

という意味ではありません。

どちらの自分を選択したとしても

引き裂かれた状態のあなた自身を

理解してくれる人は必ずいます。

そのような貴重な相性を持つ相手を

失わないためにこそ、どちらかを自分で

背負わなければならないのです。

引き裂かれた人間は、なかなか幸福になれません。

だからこそ、それを理解し受け入れてくれる

パートナーが現れたならば、相性がよくない

ポイントは、自分自身で背負えば良いのです。

なぜなら、その根本的な相性が悪ければ

自分自身の葛藤のどちらの価値を背負っても

どこまでも孤独はついて回ります。

どちらかを自分で背負うことで幸せになれるなら

どちらかを背負わない手はありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!