ヨッドと対人関係の問題

sponsored link

ヨッドというアスペクトを持つということは

体操の平均台のような狭い道を歩くような

生き方を強制されることになります。

これは非常に不自由な生き方ですが、

本人的には生まれ付きですから、慣れるより

道はありません。

慣れてしまえば楽になるものでもありませんが、

ある種の武器にはなります。

ヨッドを構成する天体に依りますが、その

意味するところが具体的なものに落とし

込まれれば、それは完全に道具になります。

対人関係における注意点は、このヨッドを

構成する天体のどれかにトランジットの

冥王星とスクエアになると、その鋭利な道具を

振り回す点です。

特にヨッドの三角形の頂点にある天体の影響が

大きくなります。

道具として出来上がったヨッドは、本人が

思っている以上にインパクトがあります。

本人が乗り越えた葛藤もあります。

何よりもヨッドが形成されるために、感情が

抜き取られているために他人の痛みが

分からないという加減のなさが問題を

引き起こします。

ヨッドはその人の自然な感情を奪い去る

非人間的な働きがありますが、前向きに

生かすより道はありません。

後ろ向きに使えば、本人が思っているよりも

はるかに凶器になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!