女性が致死量の100倍の成分で亡くなった理由

sponsored link

女性が致死量の100倍の成分で亡くなった

理由について姓名判断で考えてみました。

致死量の100倍の成分で殺害された

女性の結婚前の名前は不明ですが、名前の

「有理」の16画は変わらないはずです。

この16画は良い画数ですが、他人から

エネルギーを奪う力の強い五行の土性です。

本来なら、自分が人を介して利益を

得易い名前が逆作用した可能性があります。

結婚後の苗字は五十嵐なので、この場合は

理由はともかく結婚後に多額のお金が

必要になります。

それは精神的なものから生まれる必要性かも

知れませんし、パートナーとの関係から

金銭が必要になる場合もあります。

被害者の方の場合はパートナーとの

関係性から金銭のニーズが生まれた

のかも知れません。

夫の五十嵐純也さんは、人格28画と

外格18画なので結婚後に運が不安定に

なり易い傾向があります。

これを埋めるために五十嵐有理さんは

石原信明容疑者との接点が生まれた

可能性があります。

殺害された五十嵐有理さんの外格は27画です。

夫である五十嵐潤也さんは外格が18画です。

五十嵐という苗字は27画ですから、天格の

27画と五十嵐夫婦の外格は同系の画数です。

これは何らかの理由で夫婦にとって必要な金銭の

ニーズがトラブルになり易い傾向があります。

同系の数字とは、天格27画と外格18画の

総計の9も含みます。

このような数字の扱いは単独なら採用しませんが

このような事件で夫婦関係ならば、みられる

組み合わせです。

石原信明容疑者に近づかなければ良かったのにと

思うばかりです。

16画を人を介して利益を得易い名前が逆作用した

可能性があると冒頭で書きましたが、相手が

悪かったようです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!