蠍座の水星の転職における組織と職種の選択について

sponsored link

仕事や転職にはコミュニケーション能力を

そのように発揮するかで、成果がまったく

異なります。

蠍座の水星の働きは、目的や対象と

1対1の方が親密になれますし、本来の

知性の働きやコミュニケーション能力が

発揮されます。

これは蠍座の水星が団体交渉が出来ない

という意味ではなく、組織であっても

対象となる相手を一つの存在と認識する

やり方であれば濃いコミュニケーションが

可能になりますから職種ではなく、会社という

基準で選択するならば、その組織風土自体を

好きになれるかどうかが鍵です。

蠍座の水星は考え方が一体化していくので

それが出来ない企業風土であれば、また

転職先を探すことになります。

蠍座の水星は、深く追及する知性なので

基本的に器用ではありません。

蠍座の知性は自分という存在そのものに

関する根本的なものを土台にしています。

その土台とは性や死と言った身体や感情を

伴って存在するための根本となる部分です。

ですから、自分の考え方を変えることは

かなり難しくなります。

sponsored link

職種の選択に関しても同様のことが言えます。

例えば、イチロー選手は野球が仕事です。

野球に関心にある方ならば、イチロー選手の

数々の記録を生み出す原動力となった自分の

限界の壁を超えたいという考え方にも

蠍座の水星を見出すことが出来るでしょう。

もし、蠍座の水星を持っているタイプの人が

転職を考えるのであれば、今の仕事で

自分自身の求める価値を追及するような側面が

あれば、もう一度視点や気持ちを切り替えて

取り組み直すこともありです。

しかし蠍座の水星の探求心を生かす機会が

まったくないようであれば、転職もありです。

その際は、せっかくリスクを背負ってチャンスを

求めるわけですから、自分自身のどの要素に

蠍座の水星を向けたら幸せになれるかを

確認した上で職種を選択すると、どのような会社に

転職すれば良いか理解し易いでしょう。

希望する職種と希望する会社の条件がマッチング

しなくても、副業という手段もあります。

水星は単独では意味を持ち難い性質があります。

蠍座の水星であれば、その視点がどこに

向かうのかで、知性の実際の働きが見えてきます。

水星の働きは、思考の生理や癖みたいなもと

考えると実感し易いでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!