失恋から立ち直るための心の結界の作り方(第12ハウス双子座)

sponsored link

彼に浮気されて失恋して立ち直れそうにない

時にどこまで落ち込むかは、心の結界の

在り方で違ってきます。

心の結界とは幸せを感じる力や生きる

気の力みたいなものの出て行く質や量と

入って来る量や質のバランスを取ることで

生まれる安心が感じられる世界です。

これが何かのショックで壊れて機能しなく

なると、生きる気の力の漏れ出す量の方が

多くなって、どんどんボロボロになります。

こうなると失恋したという問題だけでは

済まなくなります。

心の結界を修復しなくてはいけません。

心の結界は生きる気の力の出入りが

調整されることで維持されています。

この調整が上手くいかなくなると

心の輪郭が曖昧になり、悪いイメージが

入り易くなるために悲観的になりますから

どこかの時点で修復しないと悪循環から

抜け出せなくなります。

そんなものの修復って何?と思われる方も

いるかも知れませんが、忙し過ぎて面倒に

なったりした時に、やってもやらなくても

そんなに影響がないと判断してしまうことの

中には、大切な心の結界を調整する行動が

たいていの場合含まれています。

分かり難いので、私個人のことで言えば

植物や生き物の世話になります。

手間のかかるちまちまとしたことを

延々とやっていると癒されます。

しかし時間が途方もなく過ぎていくので

どこかで切り上げないといけません。

心の結界は、月のあるハウスのサインと

第12ハウスのサインのバランスで

出来ています。

sponsored link

例えば月のサインが第5ハウスの蠍座で

第12ハウスのサインが双子座の人は、

誰かと一緒にいたい気持ちを隠して

一生懸命に誰かのために頑張ります。

この隠すと言うのは、表面に出さない

と言うよりも、第5ハウスの月の動機の

エッセンスが第12ハウスに上手く循環

していくことで心の結界が出来ている

という意味になります。

一緒に居れるだけで嬉しいのですが、感謝

されれば生きるエネルギーは沢山入って

くることになります。

裏切られれば誰でも苦しいですが、この人が

必要にしている気持ちが出ていくことに

なりますから、余計に苦しいのです。

第12ハウスを使って豊かさを手に入れる

ということは、様々な理由で傷付いた心を

癒すことにも繋がります。

しかしこれは豊かにもなれて、心の傷も

癒されて2重にラッキーということとは

まるで違います。

本来第12ハウスは見えない部分です。

現実の中で第12ハウスを探すとすれば

隠された場所になります。

基本的に表に出したくない理由があるから

隠された状態にあるわけです。

普通の人にとって、そのような不都合なものは

心の傷です。

心の傷は辛い感情を引き出しますから、

マイナスの流れを作り出します。

彼に浮気されたりして傷付いたことが、単なる

失恋と言うレベルではなく、幼児期からの

心の傷に触れてしまったりすると、本格的に

生きる気力みたいなものが外側に向かって

流れ出していきます。

それはとても危険なことなので、辛い気持ちを

忘れるための行動を取ります。

しかし、そのような対処方法では一度開いた穴は

塞がりません。

恋愛することが怖くなったり、人間不信に

なったり、逆に依存的になったりします。

このような状態から癒されるためには、生きる

気持ちが入って来る状態になる必要があります。

それは本当に愛してくれる人に出会うという

ことですが、落ち込み続けている状態で赤い糸に

出会うのはかなり難しいです。

基本的には、心に傷に苦しみながらも、

頑張っていたり、輝く部分もないと

厳しいものがあります。




良い状態をキープするためには、辛いことが

あってもボロボロにならずに立ち直るためには

普段から心の結界をケアする必要があります。

第5ハウスに蠍座の月があって、第12ハウスが

双子座の人が心の結界のケアをする場合は

一人で遊ぶ時間が大切になります。

第12ハウス双子座だけを考えれば、ゲームの

ようなイメージですが、そのような隠れた

競争意識を第5ハウスの月の遊びの動機に

溶け込ましている状態が心の結界の輪郭が

上手く出来ている状態です。

誰かと一緒にいたい気持ちは純粋ですが、

もっと感謝されたいとか、誰よりも

その人に褒められたいとか競争心理が

自覚しようとしまいと働いています。

そこから離れて、一人で競争意識を満たすような

遊びが必要になります。

どんな趣味でも構いませんが、前回よりも

良い成果を出そうとするような競争意識や

好奇心の向け方です。

このバランスが取れると常に新鮮な蠍座の月に

なりますから、しつこいと思われなくなります。

エレガントな蠍座の月はミステリアスな上品さが

ありますから大人っぽい雰囲気です。

本当は褒められたくて頑張っているのに、

そこの部分があまり出ないのです。

心の結界をケアすることは、自分自身を

大切にすることです。

忙しい時に苦しい時には誰だって我慢を

しますが、我慢は長期間するものでは

ありません。

あくまでも一時的なものであって、すぐに

普段通りの体制に戻れるように努力する

必要があります。

努力はこのような方向で行うものです。

現実は何かと背負っているものや事情が

多々ありますが、自分を大切にする誓いが

心の結界を作ります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!