冷たい母親と月サインの関係

sponsored link

母親に裏切られるタイプの子供・母親の不利益になる子供

という記事を書きましたが、このような特殊な

形だけではなく、普通に誰にでもある

ホロスコープ内の月であってもネガティブな面が

表れれば悪い母親が姿を表します。

これがホロスコープ的には基本でしょう。

月は優しく包まれた状態でなければ、簡単に

ふて腐れていきます。

大人であれば、そんな甘やかされた状態では

何も出来ません。

それでも何故悪い母親という考え方が成立するかと

言うと、その母親自身が子供時代に月を優しく

扱われていないからです。

この優しくという状態は非常に難しくて、両親に

愛情があっても、虐待とかがあったわけでなくても

両親が忙しいような場合でも構ってもらえなかった

ことがその人の月をネガティブにすることもあります。

例えば獅子座の月の子供は両親が家族のために

必死に働いていてもちやほやしてくれる大人が

身近にいないことで、とても傷つきます。

月は子供、妻、母親と意味を持つように、

ネガティブな獅子座の月は傷ついた心を隠したまま

ネガティブな母親になります。

sponsored link

そのような母親は自分の子供に称賛を求めます。

恋愛の時点でもかなり親しくなれば、そのような

傾向が出るかも知れませんが、隠していた

月のネガティブな表情は結婚後、しかも

子供に対して出易いのです。

この顔は両親や夫にはなかなか見せません。

大人だからです。

ネガティブな月が虐待に繋がり易いのは、

ふて腐れた子供っぽい月は、実際の子供相手と

レベルが合うので出易いのです。

他人の子供に対しては大人としての自分を

出すことが常識的ですが、自分の子供には

ネガティブな月を背負った未成熟な子供の自分を

登場させ易いのです。

虐待する大人は、肉体年齢は大人ですが、

ネガティブな子供だからこそ子供の残酷さを

子供に向けることが出来るのです。

愛されない幼い子供が小さな生き物に対して

無意識にどれだけ残酷なことをするかは

多くの人が知るところです。

月のサインに沿った適切な愛情を注がれることや

してはいけないことを教えられ導かれることで

子供は残酷さを克服します。

この段階を卒業していると、大人になって

ハードな時期があっても簡単に崩れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!