池袋暴走で親子を殺してしまった飯塚幸三氏

sponsored link

池袋暴走殺人の飯塚幸三氏は退院後も

逮捕されないと知って、姓名判断記事を

書こうと思いましたが、そのような

価値もないように思えてきました。

江戸時代の話ではありませんが、

身分が上の人間が下の身分を殺しても

お咎めがないというようなことと

非常に似ているように思えます。

名前を一通り観て一つだけ思ったのは

大きなラッキーが舞い込み易い名前です。

自分が思っている以上の大きな幸運が

舞い込み易い傾向があります。

これがもし、普通ならば即逮捕ということが

当たり前の案件なのに、今後も逮捕されない

ということであれば、長いこと姓名判断を

してきましたが、かなり引いてしまいました。

人二人を殺して逮捕されないことを

幸運と呼ぶことはあり得ませんし、

決して許されません。

親子二人を殺しても逮捕されないだけの

人間関係を持っていると考えて、その相性が

作り出した結果と考えなければ占いが

嫌になりそうな気分です。

残念ながら飯塚幸三氏の生年月日すら

分かりません。

どちらにしろあり得ない結末です。

このような結果は遺族への魂の冒涜にも

繋がります。

なぜなら罪の無い親子が殺されたことについて

国家がそれは罪ではないと宣言しているのです。

飯塚容疑者として書けないことが非常に

残念です。

亡くなった松永真菜さんと莉子ちゃんの

ご冥福をお祈りいたします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!