虐待が許せない第12ハウス天王星

sponsored link

池袋暴走事件ではありませんが、社会は

決して平等ではなく支配する側と支配

される側に分かれています。

それでも独立した人格が形成されている

人間であれば、何らかの手段を講じる

可能性を有しています。

しかし虐待された育った人間は基本的な

独立性が損なわれしまいます。

虐待によって出来た傷は大きなダムが

小さなクラックから少しずつ壊れて

いくように、人格の土台を失います。

しかし壊れるがままに任せれば

その人間は食い物にされるだけの存在から

一生抜け出すことが出来ません。

第12ハウスにある天王星は、支配される

側に固定されたまま食い物にされるタイプの人の

独立性を応援することが出来ます。

ホロスコープの上ではそれぞれのハウスは

均等に見えますが、意識出来る第1ハウスから

第11ハウスはトータルで全体の12分の1

かも知れません。

残りは茫洋たる海原のような第12ハウス

かも知れません。

第12ハウスに天王星がある様々なタイプの人が

それぞれに理不尽な在り方を改善すべく

アプローチをします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!