第6ハウスの月の責任感を完全に生かす方法

sponsored link

第6ハウスに月があるタイプの人は

責任感があります。

そのこと自体は大変好ましいのですが、

自分自身に一定の役割を与えることで

何も考えないようにしてしまう力を

生み出してしまいます。

一つ一つをパターン化し過ぎて、そこに

自分自身の一部が吸い込まれたような

状態になっていくのです。

それくらい自分を役割に同一化していく過程は

そのままだい6ハウスのトレーニング的な

意味であり、同時に責任感を表しています。

責任感自体は素晴らしい長所になるので、

第6ハウスに月があるタイプの人は

役割と自分そのものを区切るような確認の

儀式を一日のどこかで持つと、プラス部分だけが

発揮されるようになります。

月はどのハウスにあっても低い意識のままで

安住し姿を隠そうとするので、時折

境界線を明確にしてあげると生きて来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!