なかなか怒りを表現出来ないタイプの人

sponsored link

メジャーアスペクトだけをざっくり見ていても

何故、その行動を選択出来ないのか

分からない場合があります。

そのような場面は多々ありますが、例えば

とても分かり易い例として、こう振る舞ったら

好かれるのに絶対に出来ないとか、

これが出来れば楽になるのにどうしても

出来ないこと、極論すれば「愛している」と

伝えれば別れなくて済むのに言えなかったとか

そのようなことが理解出来るアスペクトがあります。

45度(セミスクエア)や135度(セスキコードレイト)の

アスペクトです。

火星と木星の45度(セミスクエア)の場合です。

火星が第1ハウスで木性が第12ハウスにあるとします。

第1ハウスの火星ですから、とてもアグレッシブです。

やりたいと思ったら実行せずにいられない火星です。

ところが第12ハウスの木性と45度(セミスクエア)だと

その行動力や怒りをストレートに出せません。

このような傾向は心因性の病気になってしまうほど

フラストレーションを貯め込んでしまいます。

第12ハウスの木星が他人に対して善意の表現で

なければ、なかなか許してくれないのです。

もちろん怒ることは不可能ではありませんが、

怒れないからフラストレーションが蓄積するのに

怒ろうとすると自分の中でギクシャクするのです。

一つのマイナーアスペクトだけで全ての性格が

決まるわけではありませんから、他の要素との

関連を調べて楽になる方法を探ってみて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!