女性にとっての月と冥王星のコンジャンクション

sponsored link

女性の恋愛には、背後に母親との密接な関係を

抱えているかも知れません。

占星術的な視点で考えると月の連鎖の中で

母親の感情と地続きになる娘の心は、

ともすれば母親と自分の気持ちの区別が

付かなくなります。

これは男性には分からない不思議な自己喪失です。

男性から見れば鬱陶しいだけの母親が

女性にとっては、自分の気持ちを飲み込んで

消してしまうような存在になるのです。

このような自己喪失がもたらす虚しさや

空虚感から絶えず自分を守り続けなければ

なりません。

恐ろしいことに40歳になっても

50歳になっても、このような母娘関係に

苦しむ人がいます。

女性にとって恋愛は、このような形を持つ

母娘の関係に境界線を引いてくれる

機会でもあるのです。

母親に覆い被さられるように自分を包まれるのが

月と冥王星のコンジャンクションです。

これは男性でもかなり母親に苦しむことが

多くなります。

虐待的なパターンだけではなく、むしろ

真綿で包み殺すような優しさで子供を

がんじがらめにするのです。

月と冥王星のコンジャンクションを持つ女性の場合は

女性特有の母親との一体感に加えて、冥王星の

強制力をもって母親との強烈な一体感が作られます。

何でも母親の支持を仰いでいた女性が、40歳を

過ぎた辺りから母親を殺したいと言い始めた例も

あります。

それまでは、母親べったりだったのです。

いろんな考え方がありますが、月と冥王星の

コンジャンクションを持っている女性は、

出来るだけ早目に母親との距離を取ることを

お勧めします。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!