山口達也さんを通して考える躁うつ病と冥王星の関係

sponsored link

月はその人を守るための重要なポイントです。

月は弱過ぎても強過ぎても働きが

おかしくなります。

山口達也さんの月は蠍座です。

生まれ時間が分からないので躁うつ病に

なりそうな理由を3パターンで

考えてみました。

①早朝生まれの場合

生まれ時間が不明なので全体的に考えると

躁うつ病に関係ありそうなアスペクトは

早朝に発生する月と双子座の土星との

インコンジャクトです。

幼い頃の何らかの抑圧があったかも知れません。

抑圧の程度は分かりませんが、一つだけ

分かることは蠍座の月と双子座の土星の

インコンジャクトは、自分の本性を見せずに

振る舞うように自分を確立していきます。

本性を見せずに自分を演じるということは

それ相応の精神的な負担があっても

おかしくありません。

この時に冥王星は第12ハウスにある

時間帯が長くなります。

第12ハウスの冥王星の性質に関しては

まとめに書きます。

②正午の場合

正午付近の場合は月とアセンダントとオポジション

の可能性があります。

感情のコントロールが難しいタイプの人です。

この場合は第6ハウスに冥王星がある時間帯が

長くなります。

第6ハウスの冥王星の性質に関しては

まとめに書きます。

③誕生日である1月10日の終わりの場合

生まれ時間が遅い場合は蠍座の月と牡羊座の火星は

インコンジャクトです。

インコンジャクト自体が感情に曖昧な揺れを

作り出しますが、このインコンジャクトが

作り出そうとする感情はひたむきな態度で

物事に取り組もうとします。

第12ハウスに冥王星がある時間帯が

長くなります。

第12ハウスの冥王星の性質に関しては

まとめに書きます。

sponsored link

まとめ

山口達也さんの生まれ時間が分からないので

あくまでも仮定のお話です。

躁うつ病になるほどの負担の原因の一つとして

考えられるのは、③のようなひたむきさが

番組上で観ていた山口達也さんのキャラクターに

近いかも知れません。

①と③で共通する第12ハウスの冥王星は

身内が第12ハウスに隠していたものを

徹底的に晒してしまうような行動をする

可能性が高くなります。

このような第12ハウスの冥王星の性質は

無自覚であれば破滅的な態度で背負っていた

影の部分が暴れ出します。

自覚的であれば心理学等を学んだりして、自ら

家系的な影の部分を暴こうとする場合もあります。

ただ、山口達也さんの現在の治療中の姿を

拝見すると②の第6ハウスの冥王星の可能性も

高いかも知れません。

仕事や人間関係の負担が精神的な負担を超えることで

第6ハウスの冥王星は神経をの限界を破る可能性が

あります。

事件の5年くらいの前の発症というような情報を

考えると、月とアセンダントのオポジションの

感情のコントロールが難しい性質を考えると

第6ハウスの冥王星が山口達也さんの神経に

過剰な負担をかけたことはあり得るかも知れません。

そのような中で仕事を続けるために、自分のテンションを

あげる様々な手段が必要だったかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!