自分の目的別キャラクターを簡単に知る方法

sponsored link

12サイン別、恋愛リスクについて

書いている途中ですが、ホロスコープの

月から土星の天体それぞれには恋愛リスクに

書いたようなサインの傾向があります。

もちろん全体を束ねてコーディネートするのは

太陽サインです。

月サインにある12サインや金星、火星、土星に

ある12サインの現れ方は異なりますので、

厳密には同じとはいきませんが、そのような

部分があるということです。

月サインであれば基本的な自分の性質ですし、

金星サインであれば楽しむ時の感覚です。

火星は目的を追及する時や攻撃的になる場合です。

土星は物事の締めとして働きますから、ここの

サインはとても重要です。

途中まで綿密にやっていても最後の土星サインが

牡羊座だったりすると、かなりざっくりした

物事の締め方をしますから最終的には大雑把な

ことになります。

言い方を変えればどんなに悲観的な見方を

していても最後は明るく思い切って

やり切ってしまうとも言えます。

物事の流れは月サイン、太陽サイン、土星サインの

流れで考えると分かり易くなります。

愛上面をどれくらいすんなりと楽しめるかは、

月サインと金星サインの組み合わせで恋愛感が

決まりますし、太陽サインと金星サインで

社交的交際の感覚がつかめます。

火星がどんなに攻撃力が高くても月サインが

繊細なサインであれば火星サインを使うことに

ストレスを感じるかも知れません。

資質は単純に働きませんから、目的に合わせて

組み合わせて考えると実際的になります。

実際は様々な影響が精妙に重なって働きますが、

シンプルな組み合わせで考えるだけでも

使い易くなります。

組み合わせによっては、工夫が必要な場合も

ありますし、そのままで何倍にも働くことも

ありますが、大切なことはその性質に合わせて

どのように生かすかという知恵です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!