天体別、自分が取り組むべきテーマを簡単に知る方法

sponsored link

それぞれのハウスにある天体によって

自分自身が取り組むべき分野を

考えることが出来ます。

とても簡単な方法ですが、大まかには

納得出来る方法になると思います。

簡単にハウスの意味を書きますが

ハウスの意味は様々なバリエーションが

ありますから、御自分でも調べてみて下さい。

必ず思い当たる部分があると思います。

第1ハウスは自分の個性を表す分野です。

第2ハウスは金運の分野です。

第3ハウスは自己表現の分野です。

第4ハウスは家庭に関わる分野です。

第5ハウスは創作、恋愛、遊び等の分野です。

第6ハウスは仕事や健康の分野です。

第7ハウスは人間関係の分野です。

第8ハウスは結婚生活や贈与・遺産、

心霊等の分野です。

第9ハウスは思想・学問・海外・法律等の

分野です。

第10ハウスは社会的ステイタスを示す分野です。

第11ハウスは友人関係を表す分野です。

第12ハウスは精神世界や奉仕に関する分野です。

sponsored link

月のあるハウス

馴染み易い価値観の分野です。

心身を回復させる場所でもあります。

水星のあるハウス

探求心が向かう分野です。

金星のあるハウス

恵まれた資質のある分野です。

楽しめます。

楽に行える分野ですが苦労することは

出来ないとも言えます。

極め難い分野です。

太陽のあるハウス

人生の目的となる分野です。

理想とするテーマとも言えます。

火星のあるハウス

やる気の出る分野です。

頑張らなければいけない分野とも言えます。

木星のあるハウス

社会的に豊かさを発揮出来る分野です。

土星のあるハウス

じっくりと育てる分野です。

若い時は苦手な分野です。

天王星のあるハウス

変革を起こせる分野とするべきです。

そうでなければ自分が変えられます。

海王星のあるハウス

無限の可能性がある分野です。

自分を統一出来なければ混乱にもなります。

冥王星のあるハウス

冥王星のある分野に関して生まれ変わるような

変化を経験することで深い理解力を身に付けます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!