岩崎隆一容疑者の犯行から自殺するまでの時間が意味するもの

sponsored link

川崎襲撃事件の犯行から自殺する現場まで

十数秒ということについて書いています。

このような特殊な事件について姓名判断は

関係ないように思われるかも知れませんが、

岩崎隆一容疑者が自分を完全に失った状態で

犯行に及んだわけではないことが読み取れます。

もちろんまったくもって異常な行為なので

人格の働きが見受けられる部分についてのみ

取り上げます。

姓名判断は旧漢字で行います。

都合上、岩崎隆一容疑者の名前の画数を

書きますが、このような名前の構成の人が

必ずしもこのようなことをするということでは

ないことをお断りしておきます。

総画数は37画です。

辛い境遇にあっても目的を諦めない吉数です。

ここ一番と感じる時は素晴らしい集中力で

やり遂げます。

基本的に吉数です。

人格は28画です。

苗字の下と名前の上の部分です。

その人の判断力等が表れます。

28画は基本的に身内と縁の薄い傾向があり

大変なことが定期的に訪れやすいと

言われますが、長年姓名判断をしたきた経験で

言えば、そのようなフラストレーションのせいか

どこかで暴発し暴れることが多いタイプです。

地格は18画です。

名前の部分です。

地味ですがかなり強情と言うか、戦う画数です。

外格は9画です。

苗字の上と名前の下を足した画数になります。

9画は簡単に言えば孤独です。

しかし地頭の良い人が多いようです。

冷静に状況を把握出来ます。

以上のような見方は、普通に姓名判断を

した場合になります。

sponsored link

記事タイトルの「岩崎隆一容疑者の犯行から

自殺するまでの時間が意味するもの」は

名前のどこに表れているかと言うと、

まず犯行の十数秒という短さです。

上述したような冷静さが随所に見受けられます。

叫びながら錯乱状態で切りかかっていません。

無言で背後から襲っています。

名前と合わせて考えるととても強い意思を感じます。

スクールバスの運転手に声をかけられて

最期に自分の首を切って自殺したことと

苗字の岩8画と名前の隆の17画の対比です。

17は足して8になります。

(姓名判断は旧漢字で行います)

あくまでも経験上の見解ですが、この部分が

同じ画数であったり、同系(8と18)や

岩崎隆一容疑者のように足した数が同じ場合は

首から上の病気や事故が多い傾向があります。

最後に首を切って自殺したことは冷静な判断かも

知れませんが、異常なまでに高まった怒りが

首を飛ばしたというイメージが鮮明に浮かびます。

理由はそれぞれですが、このようなタイプの人は

最終的に短気な部分があります。

どのような形で爆発するかはまた別です。

岩崎隆一容疑者は煙はちょろちょろと出ていた

ようですが、最終的に大爆発する決意を何かが

引き起こしたのでしょう。

情報が出て来れば出て来るほどそのような

印象を受けます。

川崎市登戸死傷事件で亡くなられた被害者の方々の

ご冥福をお祈りいたします。

今回の事件で怪我をされた方々の心身の傷が

一日も早く癒えることをお祈り申し上げます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!