ハウス別、普通の人が自分の強みを作って願いを叶える方法

sponsored link

私も含めて普通の人が自分らしい目標を

達成するためにはホロスコープ全体を

使うことで自分に必要な強みを作ることが

出来ます。

天王星牡牛座で幸せになるということは

現実に幸せになることです。

現実的に考えるには第1ハウスから第12ハウス

について考えると具体的になり易くなります。

それぞれのハウスのサインは人によって

異なりますし、天体を始めとする感受点の有無

そのアスペクト等々ありますが、単純に書きます。

一つ一つのハウスをこのような視点で読み

解いていくと自分の強味を作ることが出来ます。

普通の個性であっても第1ハウスから育てることで

次第に育つものがあります。

始まるレベルによって第1ハウスが意味する

状態は変わりますが、以下の説明は

第1ハウスから第12ハウスの過程で

一度願いが叶うタイプの人とを想定しています。

第10ハウスで達成するレベルを何段階かに

分けて少しずつ取り組んでも良いですが

言葉で説明すると分かり難いので別記事で

書くかも知れません。

かなり変則的なハウス別記事です。

第1ハウスから第12ハウスまで全てを

使用します。

第1ハウス

一人で学んだり読んだり調べたりする時の

自分らしい形として読み取って下さい。

ラジオで知るような聞きながら情報を

集めることもありです。

第2ハウス

五感で確かめる。

集めた情報や知識を感じることで

自分と参照する作業です。

第3ハウス

自分なりに手応えを感じた情報を誰かに

話してみましょう。

第4ハウス

一度立ち止まって第1ハウスから第3ハウスで

集めたことを書き記してみましょう。

sponsored link

第5ハウス

第4ハウスで書いたことを元に自分なりに

表現してみましょう。

第6ハウス

商品化してみましょう。

第7ハウス

第5ハウスで作ったものを誰かに提案

してみましょう。

単なる提案ではなく顧客に売り込むつもりで

考えるべきです。

実際に売ってみても構いません。

格好良い言葉を使えばセールスプロモーションと

言って良いかも知れません。

第8ハウス

第7ハウスの結果をきちんと調べて

フィードバックしましょう。

第9ハウス

SNSを使っても良いですが、実際の目標に

よってはチラシ配布や口コミやこね、

訪問営業等もありです。

第10ハウス

ここで現実的に目標が独り立ちしています。

ここまで来てやっと自分らしい目標が

勝手に消えることは無くなりますが、

育ててあげないと駄目になります。

この段階まで来ると月サインのセンスが

かなり影響します。

その人にとってここまで育った願いは

子供みたいなものです。

第11ハウス

目標を支えてくれる仲間や要素を構築します。

第12ハウス

ここまでで手に入れたエッセンスを組み合わせて

第1ハウスに戻ります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!