生霊と嫉妬

sponsored link

努力をすれば報われると思うことは間違いでは

ありませんが、現実の幸運として押し出されて

くるには努力が様々な不運となるような

マイナス要素を押しのけてくる段階でないと

努力が報われないように見えます。

このような努力が報われることを邪魔する

要素の一つに生霊があります。

この生霊の厄介なところは、恨む理由のある

相手を間違いなく恨むことばかりではなく

その身近な人に害を為す場合があります。

スピリチュアルなアンテナについて書きましたが、

スピリチュアルな幸運を心に貯め込んで違う場所で

身体に展開することが出来ます。

呪いはこの逆でマイナス要素を他人に投げかける

ことで他人の身体にダメージを与えるのです。

生霊が厄介なのは呪っている人間が生きていますから

本人が状況を勘違いしていても念をぶつけることも

あるのです。

愛情のもつれは本人よりも、その相手がいなければ

良いのにと思いがちです。

嫉妬ですが、このような思いは侮れません。

呪っている相手も知らずに呪われている相手も

生きているだけに非常にややこしいものがあります。

生霊は相手が生きているだけに祓うことは難しく

うやむやににせずに相手に納得してもらって

鎮めるしかありません。

原因となる本人が傷むのは仕方がないかも知れませんが

その身近な人に向けられた恨みは気の毒です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!