運命の相手を判別するポイント

sponsored link

モチベーションと可能性を開く恋愛(L)

アセンダントとスピリチュアルな関係について

サラッと書きましたが、これはアセンダントが

何座だからどうだと言う様な使い方よりも

自分自身のスピリチュアルな入り口として

考えた方が良いものです。

恋人やパートナーがいる時よりも出会いを

求めている時の方が実感し易いかも知れません。

実際にそのような相手がいたとしても

目に見える何かで繋がっているわけでは

ありません。

お互いがお互いを恋人やパートナーと認めて

気持ちで繋がっているだけです。

ところがスピリチュアル的な現実で言えば

白い光のようなものでちゃんと繋がっています。

その白い光のようなものの自分側にある繋ぎ目が

アセンダントと考えても良いかも知れません。

生霊と嫉妬について書きましたが、このような

場合は白いものではありません。

この光と言うか粒子のようなものを抜きにして

二人の繋がりを考えるのは難しいものがあります。

この繋がりを通してエネルギーを与え合っていると

言えるのですが、ここを通して交換されるものに

よっては病気になったりすることもあるものです。

少なくとも恋愛結婚するような相手とは、この

白い光の粒子のようなものが通る同じ条件を

持っています。

これがこの人だと感じる部分です。

この部分を感じ取れなければ、どんなに相性が

良くても危うい部分があります。

それどころか、そもそも結婚しない可能性も

十分にあります。

このような部分をお互いが感じられれば、性格的に

合う部分が少なくても、運命の相手としてけっこう

長続きするものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!