個性を生かして幸運になる

sponsored link

運命の相手の秘密で、このような図を書きました。

①スピリチュアルな部分の作用

↑     ↓

②精神や心や気持といったもの

↑     ↓

③肉  体

この図には4つの矢印があります。

そして①、②、③それぞれのコンディションの

変化もあります。

矢印はたったの4つですが、①から③の内容が

刻々と変化しながら4つの選択を同時に行っています。

これら全てが融合した形で現実の選択をします。

山里亮太さんを例に書かせて頂くと

太陽サイン牡羊座でノーアスペクトの場合は、

どうしても自発的な意欲を持ち難くなります。

牡羊座の太陽サインですから自分自身は

愛される存在であるべきだと思っているのに

自分自身の価値から生まれる動機を元に行動力を

発揮し難くなります。

このような状態は自分自身の無価値観に苦しみます。

ノーアスペクトの太陽牡羊座であれば、愛されたいのに

自分自身の価値のなさを卑下して閉じこもるか、

開き直って愛されないと感じる苦しみを

(本当に愛されていないわけではない)

牡羊座らしくうるさい位に主張するかという大雑把に

言えば2つの方向性に関する選択があります。

山里亮太さんは妬み・嫉みの気持ちを堂々と個性に

出来る仕事を選ぶことで成功されています。

問題はここからです。

牡羊座のノーアスペクトの太陽であれば誰でも

山里亮太さんみたいに活躍出来るわけではありません。

仮に同じ日の同じ時刻に生まれた人がいたとしても

魂や肉体は違います。

魂自体の好みや記憶の問題の影響や容姿や身体に

備わっている能力の違いもあります。

場合によっては健康状態も異なります。

そして生まれた家庭の人間関係の影響から

受けて育つ愛に対する感じ方も異なります。

極端な場合、片方は慈悲深い両親の下で育ち、

方や虐待されるかも知れません。

それは親の資質ですが、その後の成長の展開や

親の理解や援助等々大きな違いが生じてしまいます。

掘り下げれば切りがありませんが、特定の個人が

様々な可能性の中から何を選択するかという問題は

とても精妙な作用の積み重ねです。

微妙なところを少しずつ日々調整することが大切です。

特に現在のトランジットのようなそれまでの流れが

通用しなくなる時期は調整が大変な人も多いでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!