魚座のハウスを使いこなしてリフレッシュする方法

sponsored link

この頃上手く楽しめないとか、なんとなく

生活が地味だと感じている場合は魚座の

ハウスを活用することをお勧めします。

魚座の感受点をまったく持たない人でも

魚座のハウスはどこかにありますし、

ハウスは場所ですから受け入れられれば

かえって利用し易いものです。

逆に魚座関連の感受点のない人が魚座のハウスを

真面目に扱うと上手く環境に同調出来なくなって

息苦しくなります。

12あるハウスの中で魚座のあるハウスは

ゆるーくなれる場所や方法を示唆してくれる

貴重なポイントです。

魚座のパワーを混乱させずに華やかなものとして

彩を取り出し、魚座のあるハウスの環境で

寛ぐためには、自分の魚座のあるハウスの世界観を

ある程度しっかりと把握する必要があります。

理解した上で、太陽サインが何座であろうと

月サインが何座であっても、そのハウスの

魚座らしさに合わせていくことがコツです。

出来れば空間やファッション等も併せて全体的に

浸れるとかなりゆるーくなれます。

魚座は無理強いしないサインなので、癒されたい

人ほど魚座のハウスを具体化した空間に訪れたりして

キャラクターやファッションもそこに合わせるくらい

やってみるとかなり浄化作用が働きます。

太陽サインや月サインによっては多少の違和感が

あるかも知れませんが、やってみると想像するより

気持ち良いのが魚座の世界です。

自分自身のホロスコープの魚座に合った場所を

活用するわけですから基本的に外れはありません。

魚座に詳しい人に魚座のハウスを観て頂いて

その魚座のハウスに適切なチョイスが出来れば

素晴らしい人生の選択肢が一つ出来上がりです。

太陽サインが風のサインだったりすると

魚座のサインの同調作用には少し用心するかも

知れませんが、自分自身の魚座のハウスが

第2ハウス、第6ハウス、第10ハウスであれば

仕事を通して世界観を広げる手段になりますから

それほど受け付け難いものばかりではありません。

自分自身のホロスコープと応相談です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!