魔性の女を通して考える恋愛の適正な距離感

sponsored link

愛し愛される関係が本当の恋愛であって

一方的に愛したり愛されたりする関係は

長期的にみるとかなり歪になります。

簡単に言えば愛を囲う関係です。

もちろん、それを望むタイプの人もいますが、

厳密に言えば、やはりそこにも愛し愛される

所作が必ず含まれています。

しかもかえって厳しいかも知れません。

例えば蠍座の人の恋愛感情を魔性のように

言い表す人がいますが、果たしてそうでしょうか?

自分自身が愛情に対して感じる幅は能動的に愛する

火星のサインと受身で愛される金星のサインの

ギャップで考えます。

もちろん占星術的に12サインを比較すれば

蠍座の愛情は濃いかも知れませんが、それは

論理的な問題であって、実際の問題とは異なります。

もしほとんどのサインが蠍座という人にとって

愛は蠍座的なものが愛です。

少なくとも蠍座の金星と火星のコンジャンクション

という人はそれなりにいらっしゃいますが、

蠍座の愛を魔性と感じるのは確実さを重視する

地のサイン(牡牛座、乙女座、山羊座)の比重が

多目の人かも知れません。

例えば金星蠍座で100パーセント愛して欲しいのに

火星は牡羊座で愛する時はその時の思いの高まりを

大切にしたくて、一度伝えるとしばらく充電が

必要なタイプの人は与える愛と求める愛の落差に

愛はハードルが高いものと感じるかも知れません。

蠍座の愛を魔性にしてしまうのは自分自身の中の

感受点の関係性と実際に交際する相手との相性です。

sponsored link

最近の魔性で有名な人は近頃、山里亮太さんと

結婚された蒼井優さんがいらっしゃいますが、

一番の原因は蒼井優さん自身が太陽サイン獅子座なのに

土星サインが蠍座という流れがあるからだと思います。

蒼井優さんは女優さんですから、太陽サインが

強く打ち出されます。

つまり個人的な恋愛も公的なものとして報道されます。

公的なものの結末は土星で付きますから、獅子座を

蠍座がバーンとひっくり返す時点で魔性の女の

出来上がりです。

なぜならマスコミから見た視点だからです。

本当の恋愛感情は本人とその相手にしか分かりません。

魔性の女と表現されるような愛し愛される関係を

望んでいる人にはそれがスタンダードです。

何が正しいという問題ではなくて、愛に感じる

適切な距離感は自分自身の中の金星と火星や

月と金星、月と火星等の感じ方を相手との

関係に映し出したものでもあります。

それを太陽サインの世界観に当てはめて

捉えていますから、愛にレッテルを貼る意味は

ありません。

愛の不完全さは恋愛関係においてお互いが

無意識に指摘し合う厳しい教育の中で

必要なのに不足しているものが指摘されます。

これはなかなか厳しいです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!