金星サインの魅力の着こなし方

sponsored link

月サインや年齢で金星サインの魅力の出方は

違ってきます。

今回は金星サイン双子座を例に考えてみます。

まずは、双子座そのものについて少し書きます。

太陽サインが双子座の場合は何はともあれ

何かを推理するような思考形態になります。

自分の内面の真実と呼応するような真実を

探求することとは違って、あくまでも

正解探しです。

後、人に情報を教えたがる人が多いのも

特徴的で、それ以前に知識そのものに

こだわりを持ちます。

その知識が正確かどうかが重要です。

双子座は太陽サインに置かれると上記のような

精神活動を活発に行います。

金星に双子座がある場合は、自分が楽しいと

感じることをリサーチして、1度体験し

(何度も確かめない、くどいのは嫌い。

知ることが出来れば十分なのです。)

それを知り合いに伝えるという一連の行動を

セットにして楽しむのが金性双子座です。

このような活動が楽しい金星双子座にとって

他人に伝達する手段は重要です。

自分の中に楽しみをしまい込んでいるだけでは

不完全燃焼なのです。

ですから楽しいことを伝えあうという意味での

コミュニケーションが重要になります。

一般的に伝える行為は会話、おしゃべりですが、

その人のキャラクター全体を考えると他の方法で

伝えることを好む金星双子座の人もいます。

そしてもう一つ大切なポイントは金星サインの

喜びと月サインの関係です。

sponsored link

金星双子座の有名人に現在はのんさんの名前で活動

されている本名が能年玲奈さんがいらっしゃいます。

とても金星双子座の魅力を発揮されている女優さん

だと思うのですが、金星双子座の魅力を確実に

伝えられる資質(金星双子座の爽やかな魅力を

消さずに演技が上手)ということを考えると

月サインは牡牛座だと思うのですが、月サインが

牡牛座だと金星双子座の魅力を丁寧に

抽出することが出来ます。

占星術的に月はプライベートで金星は対外的な

楽しみ方みたいに分けますが、同じ人間の気持ちは

階層的に連動して働いたり、心がプリズムのように

反射し合って影響を与えますから、本当は切り分けて

考えるとおかしくなります。

特に何かに真剣にコミットメントしようとするほど

無意識に月の性質が金星の魅力を濾過するような

働きをします。

年齢がいくほど月の影響を切り離すことが上手く

なるので金星双子座の魅力が定着するのは

太陽期に入ってからかも知れません。

本人的に金星双子座の楽しさを感じるのは、やはり

金星の年齢域になります。

金星サインの魅力を着こなす感じになるのは

太陽サインに入ってからでしょう。

結論です。

太陽期以前は月サインの抽出の働きを自覚していると

金星サインの魅力を生かし易くなります。

太陽期以後は金星期で出来上がった感情パターンを

自覚することで金星サインの魅力を扱い易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!