牡牛座の人を好きになったらしてはいけないこと

sponsored link

牡牛座の人を好きになったらと言う場合は

牡牛座の人と交際したらという意味になります。

何故かと言うと、牡牛座は良い人なのですが、

嫌いなものには見向きもしませんから、

こちらが一方的に好きなだけの段階では

接点が生まれません。

牡羊座の人とまったく違った意味ですが、やはり

牡牛座の人も自分の世界に生きています。

牡牛座の人の世界に入れてもらうには、牡牛座の

人に好かれるしかありませんが、特に何フェチ

というそれぞれの牡牛座の人の好みまで考えると

牡牛座の人を一般論として考えるのは危険です。

ですから、「牡牛座の人を好きになったら

してはいけないこと」というタイトルですが、

交際したらという前提に書きます。

変に思われるかも知れませんが、言葉を

沢山使ってはいけません。

理屈っぽいのは論外です。

ですから、双子座、天秤座、水瓶座の人は

基本的に向きません。

風のサインの人たちは普段クールに構えていますが

本気になってくると言葉を駆使して何かを

伝えようと必死になりますが、牡牛座の人に

これをやると理解し合えるどころか、一言話す度に

溝が深まります。

そもそも牡牛座の人は間違っても基本的に

誤りたくない気持ちが強く働きます。

そういう意味ではフェア精神が発達した風の

サインの人がそのような言動に食い下がると

「うるさい」と言われるのが落ちです。

風サインを引き合いにして説明しましたが、

出来るだけ言葉を使わないコミュニケーションを

心がける必要があります。

言葉には何らかの意味のあることを伝える以上の

役割をさせたらいけないのです。

それ以上のコミュニケーションは触れ合いで

非言語的に伝えると理解してもらえます。

牡牛座の人は嫌いな人とは付き合いませんから

言葉のための言葉は必要ないのです。

地のサインの中でも牡牛座の人は一番地の

サインらしい感性の持ち主ですから、贈り物や

触れ合いで気持ちを伝え合うことが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!