第10ハウスに天王星があるタイプ

sponsored link

地域社会に適応する方法は普通ならば

常識的な手段を選ぶべきですが、自分自身の

生まれ持った個性を独特の感覚で社会的な

ステイタスに仕上げていこうしますから、

当たれば大きいですが、外す時は思い切り

外します。

しかし第10ハウスという大人意識に水瓶座の

支配星である天王星があるということは

普通に大人になることに何の魅力も感じません。

毎月100万円もらっても、一日中窓口で

決まり切った仕事をする人生を30年40年と

働くことは無理です。

第10ハウス天王星タイプの人にとっては

そのような環境は牢獄でしょう。

ですから成功と失敗を繰り返しながら自分に

とっての正解を探すしかありません。

第10ハウス天王星タイプの人にとっての正解は

太陽サインや月サイン等にコントロールされます。

第10ハウス絡みですから太陽サインの価値の割合が

大きいでしょう。

太陽サインが牡牛座であれば資産形成に役立つ方法が

正解になるでしょうし、太陽サインが水瓶座であれば

自分自身の社会的理念や面白いと感じられること

でないと正解にはなりません。

手段としてお金のニーズには合理的に判断する

でしょうが、最終的には仕事自体に独創性が

反映されていなければ無意味に感じると思います。

第10ハウスというキャリア形成をする場に

天王星があるという世界から何を価値あるものとして

選択するのかが重要です。

自分の太陽サインやハウスタイプと照らし合わせて

考えることで自分にとっての第10ハウス天王星の

意味が理解出来ます。

第10ハウスにトランスサタニアン(天王星、

海王星、冥王星)が入っているとかなりの

能力がないと扱うのがとても大変です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!