月サインの長所を発揮して運勢を上げる方法

sponsored link

少し抽象的な書き方になりますが、人によっては

得意な天体を制限することで、鬱病が改善したり

金運や仕事運が向上する場合があります。

得意な天体と書きましたが、天体の働き自体は

必要なので実際に制限を意識するのは、その

天体のサインの追求です。

サインは普遍的なものですから、これで終わり

というものがありません。

大富豪は自分の天体を託しているイメージを

追い求めて、イメージが具体化されたものを

どれだけでも追い求める傾向があります。

一番分かり易いのは、自動車やファッション、

宝石の類のアクセサリー等です。

自分自身にぴったりなイメージに出会うと

どれだけでも収集していくのです。

このようなことは一般人には不可能ですが、

望むことは出来ますし、そのようなことを

本気で求めると心のバランスは変化します。

この変化が良い影響を与えるタイプの人と

悪い影響を与えるタイプの人がいます。

鬱になったり金運や仕事運が上手く発揮されない

場合は少なくとも良い影響ではないでしょう。

本来だったら果てしなく求めたくなるイメージに

対して限定を与えることで月(気持ち)が安定します。

月サイン(気持ち)の良い面が出るようになります。

そうすると全てが良い方向に回り始めます。

どのような月サインを持っていても、良い面が

出るのか出ないのかは、様々な結果に大きな影響を

及ぼすのは、月は様々な幸運の受け皿になるからです。

ここがボロボロでざるになっていると、どんなに

良いことが巡ってきても通り過ぎていきます。

受け皿に合った不運のようなものしか引っかかりません。

得意なサインを使用しないとか、諦めるとかではなく

限定して磨きあげるだけですから、楽しみが

無くなるわけではありません。

このポイントは丁寧に書かないと伝わり難い部分ですが

いったんここで終わります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!