同じサインのカスプ

sponsored link

インターセプトされているホロスコープは

連続する二つのハウスが同じサインになります。

日本では頻繁には見ませんが、ヨーロッパのような

高緯度の地域では表れ易いホロスコープです。

このようなタイプの人は連続するハウスの境界線が

曖昧になるため、それらのハウスが同時に働きます。

第1ハウスと第2ハウスであれば気持ちの高まりが

衝動買いを誘発したり、第2ハウス火星のように

やる気と収入の増加が連動したりします。

ですからやりたいことを抑えたり、欲しいものを

我慢し過ぎると金運が落ちます。

ここにサインの性質も加えた形で考えると

どのようなことが動機になってどのような出費を

するかとか、どのような動機で稼ごうとするのかが

イメージ出来ます。

このようなタイプの人は投機的な投資は止めた方が

良いかも知れません。

気持ちが熱いと損切りが出来ないタイプです。

ホロスコープの都合上、180度反対側にも同じように

同じサインのカスプが連続するハウスが発生するので

それとセットで考えると立体的に解釈が出来ます。

物事が動くには必ず反対側のエネルギーの存在が

必要ですが、天体の集合するハウスのような場合は

180度反対側のハウスに天体がなくアンバランスに

なっていて他人の力を必要とする場合がありますが、

同じサインのカスプは180度反対に必ず同じような

存在があるので個別に解釈すると意味を見失います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!