月サイン水瓶座と女性装による癒し

sponsored link

安富歩さんは東京大学東洋文化研究所の教授ですが、

どちらかと言うと女性装で有名な方かも知れません。

安富歩さんの仕事の価値を揶揄するのではなく

母親に愛されなかったという感じ方が作った

心の傷を癒すために女性装に行き着いたという意味です。

他にも馬との関わりの中で、馬は牙を持たない点を

取り上げたり、逃げるだけという捉え方も

されています。

今年の参院選に令和新選組から立候補されているから

取り上げているのではなく、占星術的に自分自身の

女性らしさを感じ難いと言われる月サイン水瓶座の

男性が女性装によって母親の呪縛から自分を解放する

ことが出来たと語り、尚且つ東大教授という立場で

ありながらそれを公の立場でも実践されている点が

とても貴重に思えたのです。

sponsored link

男性が女性装で解放されるというやり方は

一歩間違えば大変なことになります。

社会的地位を失いかねませんし、場合によっては

精神鑑定を迫られることもあるでしょう。

月サインが水瓶座の人は男女問わず気持ちが

ユニセックス的という印象があります。

安富歩さんは男性ですから女性装が際立って

しまいますが、月サイン水瓶座の女性が意識して

女性っぽいファッションを取り入れてみると

もしかしたら気持ちが楽になるかも知れません。

月サイン水瓶座の人は緊張を抱え込み易く、気が

付いた時にはかなり心身のバランスを崩している

ということもあります。

女性装で癒されるならば特に女性は敷居が低いですから

試す価値はありでしょう。

安富歩さんは母親から「あゆむ」と呼ばれて叱責された

ことも心の傷になっていて、「あゆみ」と読み方を

変えたそうです。

名前の漢字の変更は困難ですが、呼び名の変更は

かなり敷居が低いのです。

ただパスポートは変更は無理でしょう。

月サイン水瓶座の人が自分のストレスの理由を自覚

しているは余程のことだと思います。

安富歩さんは女性装で救われましたが、母親とは

絶縁状態だそうですから、親子関係の再構築とは

また別問題と考えて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!