獅子座の水星逆行は愛の見直し

sponsored link

7月8日から水星の逆行が始まっています。

今回は獅子座の水星です。

太陽サイン獅子座の記事ですが、このような

ところに見直しが入るかも知れません。

愛とかのために頑張っているわけではないと

思っている人もいるかも知れませんが、

愛されるために頑張り抜く態度を見直す

時期になっています。

最近、愛に関する記事を書いているのは

獅子座の水星逆行(木星も土性も逆行中)に伴って

愛の境界線に対する見直し時期ということを

言いたかったからです。

いつもは水星逆行期間についてサラッと

書いていますが、獅子座の支配星は太陽ですし

愛されるために、愛するためにプライドを持って

頑張ろうとする獅子座の姿勢を見直す期間だと

考えています。

愛が単なる気紛れではなく獅子座のように存在を

かけて守ろうとするものであれば、魂の価値が現実に

反映される部分も含めて自分自身の愛の境界線を

引き直すタイミングです。

第12ハウス的な世界の境界線の見直しが新たに

第1ハウスから再び展開されていきます。

占星術の面白いところは大なり小なり運の見直しが

定期的に入ることです。

私個人も今回の水星逆行の愛の見直しに伴って

第12ハウス的な世界の境界線から修正を行っています。

8月1日逆行期間が終了しますから、7月いっぱい

かけて丁寧に見直すつもりです。

これは実際のパートナーシップを見直すという

意味ではなく、自分自身の愛の根源みたいなものを

意識的に振り返るようなものです。

そのような作業に入って4日目ですが、過去の愛の

イメージを良い意味で見直す必要があると

感じています。

獅子座は愛のオルゴールです。

同じ曲だけを響かせ続けます。

たまに曲の見直しをすることはとても有意義です。

良い部分は残して新しい部分をいくらか足していきます。

7月が終わる頃にどんなことを感じているか

とても楽しみです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!