海王星のあるハウスを役立てる方法

sponsored link

海王星の素晴らしい点は限界を超えて

視界、聴覚、嗅覚等々広げて第6感的に

世界を把握しようとする姿勢を生み出しますが

そのような姿勢を一言で言えば「ぼんやり」

とした姿勢です。

海王星が役立って欲しいハウスにあると

がっかりする人が多くなるのは、当然と

言えば当然です。

そのままでは、現実に対して役に立つ

どころか混乱を引き起こすだけです。

そのままではやることなすこと焦点が

合ってないからです。

海王星の長所は豊かなイマジネーションに

ありますが、それを生かすにはどこかに

焦点を作り出さなくてはなりません。

どこに焦点を作ってもよさそうなものですが、

占星術的には海王星と180度反対、つまり

オポジションの位置に作ることがお勧めです。

もの凄く単純化した言い方をするならば

海王星とオポジションとなるサインの

サビアン度数を理解することで、海王星を

役立てるヒントを得ることが出来ます。

このままだと一点に絞り過ぎですから、

ホロスコープ内のアスペクトの状況や

海王星のあるハウスと対抗するハウスの環境等を

総合的に判断して、今の自分が納得出来る

焦点を探すことが大切です。

特に海王星のあるハウスとオポジションになる

ハウスに天体があれば海王星そのものと

アスペクトがあるかも知れません。

それは直接的な焦点になります。

小惑星等も考慮すると案外見付けられる可能性も

ありますから、詳細なホロスコープを作ることを

お勧めします。

そこで形成されるアスペクトの種類によって

自分自身の意識の使い方をどのようにすれば

ハウスにある海王星に焦点を与えられるか

イメージし易いと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!