宮迫博之さんというスケープゴート

sponsored link

記者会見の内容で宮迫博之さんのホロスコープに

なぜ、それほど切迫した感じがないのか

(宮迫さんのアセンダントやMCについては不明)

やっと分かりました。

宮迫さんの吉本興業への理解の仕方があった

ということでしょう。

会見の内容から宮迫博之さんの認識から

察すると、金星と冥王星のスクエアがあるのは

裏切られたと感じている人間同士の絆が

深まっているということでしょう。

それが自己防衛的な意味であれ、何であれ

宮迫博之さんの認識からすれば、自分たちが

騙されたような側であることは間違いなく

どちらが真実であれ、芸人さんたちだけの

問題ではないことは確かなようです。

昔から中間管理職の人だけが自殺したりして

スケープゴートされるにも相応しい立場の人材

というものがあるように思われます。

もちろん、何かあればスケープゴートに

されるわけであって、それまではそれなりに

良い思いも出来るわけですから、何とも言えない

ものがありますが、組織や社会の大きな視点で

見れば、どこを切ることで決着を図るかという

調整がなされるのは当然でしょう。

こういうものに用心深い人や積極的に近づく人

本当に様々なタイプの人がいて、こうやって

破裂すると用心深くしといて良かったということに

なりますが、それぞれのタイプによって本能

みたいなものですから、鬼の首でも取ったかのように

騒ぐタイプの人が一番問題かも知れません。

記者会見を開くと言うことは、黙ってはいられない

気持ちがあったのでしょう。

宮迫博之さんの影響され易い感じは、アセンダントが

天秤座かも知れませんが、生まれ時間が不明なので

何とも言えません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!