加藤浩次さんの吉本興業退社問題について

sponsored link

加藤浩次さんは生まれ時間が分からないので

今回の吉本興業問題関連の発言から推理

してみました。

スッキリでの加藤浩次さんの発言の勢いから

想像される本音の持ち方は第8ハウスが

牡羊座の雰囲気です。

本気になると本音をぶちまけると同時に

その時点で新しい愛に気持ちは動いています。

そうなると第12ハウスは獅子座になります。

破滅的状況の中で自分を感じます。

この部分が加藤浩次さんが狂犬とも揶揄される

理由だと思われます。

破滅を恐れずに向かって来る印象を持たれるのでしょう。

そうなると第12ハウスに月(妻)があることに

なりますから、出しゃばらずに尽くしてくれる

存在になります。

このような点も元女優(獅子座)であり、今は表に出ずに

内助の功を尽くしているという評判の緒沢凛と

重なります。

第4ハウスに火星がある可能性が高くなりますが

そうなると仲間の影響に振り回されるタイプですから

今回もそう言った意味で熱くなり過ぎている

可能性があります。

太陽は第8ハウスにある可能性があります。

そうなると単独行動は避けた方が無難です。

この太陽は土星とコンジャンクションですが、

アウトオブサインコンジャンクションなので

働きが弱まっています。

自制心がキーワードになる太陽です。

牡羊座の土星なので、言うべきことは

言ってしまえ的な働きかけが生まれるのかも

知れませんが、牡羊座と牡牛座のコンジャンクションは

純粋過ぎるという危険性があります。

それは現実的な状況を考慮しないという意味でも

あるのです。

sponsored link

上げれば切りがありませんが、第1ハウスが

冥王星になるので、こだわりが激し過ぎて

生き方が突然変化する可能性が高くなります。

ただし木星も第1ハウスにあるのでチャンスには

恵まれます。

ただし天王星もあるので自分の性格が原因になって

ピンチを背負う可能性も高い人です。

細かく見ると切りがないので、端折って

姓名判断で考えました。

奥さんの名前の変化は加藤浩次さんの運勢の変化

でもあるので確認すると、奥さんの本名の変化は

総画数48画から53画です。

滅茶苦茶ざっくりと言えば吉から吉と凶が混ざった

状態になります。

そのポイントは絶対に加藤浩次さんが投げ槍な

決断をしないことです。

どのような話し合いが持たれたかは知りませんが

今回はいったん上げた拳を下して欲しい気がします。

しかし、生まれ時間の推理が正しければ、加藤浩次さんの

生まれた時の太陽とトランジットの天王星が

コンジャンクションです。

これは今までたまっていた不満が爆発するタイミングです。

その結果人間関係が破綻します。

ただし火星は絡んでいないので、そのまま新しいことに

目を向けるかどうかは微妙です。

加藤浩次さんの持っている力で破綻と新しい世界への

突入が同時に出来れば、これはこれでターニング

ポイントにはなります。

加藤浩次さんはドラゴンヘッド魚座ですから、他者に

対して許す心を持つことが今世の課題です。

ドラゴンテイルは乙女座です。

批判することは慣れています。

自分を曲げるのではなく、相手を許してあげると

思えるのかどうかが決断の質を作ります。

ひいてはそれが今後の運勢を作ります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!