第8ハウスベスタと明石家さんまさん

sponsored link

第8ハウスが表すような男女関係にまつわる

欲望や遺産相続のような深い人間関係から

何かを譲り受けることに関して制限が

働いています。

さんまさんは幼少の頃の母親との離別や

継母との葛藤、大竹しのぶさんとの離婚、

そして浮名は流されても再婚されない

状態等々が表すように深い人間関係(愛情)に

関して満たしたくても満たすことが出来ない

見えない壁みたいなものを感じていらっしゃる

可能性があります。

そして最も興味深いのはさんまさんが自分自身の

利益に関してどうでも良いと言うか、こだわらない

と言うような発言をされることがあります。

第8ハウスベスタは、第8ハウスが表す他人から

もたらされる利益が制限されます。

これは期待している間は苦しい思いを味わいます。

期待しなければ楽になれます。

ベスタは制限をどのように扱うか、葛藤を

感じながら自分自身が一番楽になれる心理的な

態度を培っていくことになります。

制限は苦しいものですが、制限は高度な自由を

作り出します。

この自由を得ることがベスタの目的です。

ベスタのこのような作用は、浄化作用みたいな

ものですが、その人にしか得られない自由を得る

と言う意味では魚座の浄化とは異なります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!