小泉進次郎さんも滝川クリステルさんに学ぶ大人な結婚

sponsored link

令和婚が続いています。

小泉進次郎さんも滝川クリステルさんも

相手のことを同士と捉えていたことが

とても印象的な結婚会見でした。

小泉進次郎さんは太陽と冥王星が

オポジションなので自分自身の理想に

向かって行くというよりも強制的に

何かに背中を押されて走り続けていく

ような感じになります。

父親は周知の如く元首相の小泉純一郎さん

ですが、長男の小泉孝太郎さんは芸能界に

進み議員にはなりませんでした。

次男である小泉進次郎さんは初当選した

時から冥王星に背中を押されて自分の

実力以上のものを表現しながら頑張って

こられたのでしょう。

小泉孝太郎さんも小泉進次郎さんと滝川

クリステルさんの結婚について会見されて

いましたが、その中で10年くらい前に

小泉進次郎さんが様々な意味で結婚はもう

無理かもと言ったことがあるエピソードを

披露されていました。

これは男性星座オンリーというエネルギーが

ほとんど外側に向けられるタイプなのに

冥王星が更に外に押して来るのでいっぱい

いっぱいな状態であることと、やはり家系や

個人の人気等々様々な運命的な要素も

あるのでしょう。

そのような運命的要素に対して前向きさと同時に

悲壮感のようなものが「同士」という言葉に

込められていると思われます。

滝川クリステルさんは太陽と冥王星がコンジャン

クションです。

これは冥王星と共に生きるという意味では

プライベートはあって無いような感じになります。

常に何かの目的を達成するような働きかけが

意識に侵入して来ます。

ウィキペディアに動物保護・生物多様性保全を目的に

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルを

設立とあります。

普通のフリーのアナウンサーが頻繁にするような

ことではありませんから、このような点にも

太陽と冥王星のコンジャンクションがもたらす

使命感みたいなものを感じます。

お二人共このような生き方を優先されると

根本的な意味で他人と合わせることは無理に

なりますから、ある種の孤独感と諦めが

あったと思われます。

そのような孤独とお互いの理想を理解し合える

ある意味、同士婚とも言えるかも知れません。

sponsored link

ただ小泉進次郎さんの太陽サインは牡羊座で、

滝川クリステルさんの太陽サインは天秤座です

から、惹かれ合いますし素直になれるならば

普段か隠している表情を出し易い相手です。

同士としての本音を出せるでしょうし、

戦っていない自分も見せられるでしょう。

お二人共これまでの様々な経験がありますから、

自分の弱さを隠して正反対の相手を突っぱねる

ようなことにならずに相手が普段隠している

部分を許容出来る方向に働くと思います。

同士視点以外の面では、滝川クリステルさんの

金星は乙女座ですから滝川クリステルさんの

個人的な領域をきっちり認識した上で

礼儀正しく且つ丁寧に愛して欲しいところですが

小泉進次郎さんは金性も火星も牡羊座ですから

滝川クリステルさんが望むような愛し方は

無理でしょう。

ただお二人共金性期は過ぎていますし、

同士的な理解と共感が動機の多くを占めている

部分もありますから、滝川クリステルさんの

金性乙女座は小泉進次郎さんのサポート等に

喜びを見出すことが創造されます。

小泉進次郎さんの太陽サインが牡羊座で

滝川クリステルさんの土星が獅子座だったり、

滝川クリステルさんの太陽サインが天秤座で

小泉進次郎さんの土星サインが天秤座だったり

することもお互いの理解に役立っていると

言えます。

小泉進次郎さんの火星にトランジットの冥王星が

スクエアになっていますから、かなりの勢いが

あると言うか勢いが付き過ぎているタイミングです。

滝川クリステルさんは妊娠されているという

ことですが、トータルで考えるとお二人には

良かったのではないでしょうか。

背中を押してくれる子供かも知れません。

小泉進次郎さんの月は獅子座ですから、滝川

クリステルさんの仕事の締め方(土星)とかに

好感を持つでしょう。

滝川クリステルさんの月サインは牡牛座ですから

生活に不安がないことが第一な点とやはり家系に

対する感じ方です。

お互い納得の決断ではないでしょうか。

獅子座の月と牡牛座の月という頑固者同士ですから

お互い独立独歩で大人のスタンスがキープし続け

られるならば良い結婚ではないでしょうか。

気持ちを無理し過ぎると子供が背負うでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!