自分を育て直すことと愛の関係

sponsored link

この記事での愛される自分とは、モテるという

意味ではなく必要なパートナーが得られる

ということです。

自分を育て直すということは、大変なことです。

1年や2年で出来ることではありません。

3年くらい頑張れば少し変わりますが、3年程

過ぎると状況が変わってそれまで育てて来た

自分から遠ざかることを余儀なくされるような

ことが起こりがちです。

そして更に絶望します。

この絶望は他社からの愛までは自分で補えない

から起こるものです。

この愛が得られるかどうかは、自助努力とは

まったく別次元です。

計算出来るものではありません。

自分を育て直したいと望む気持ちの裏には

悲しい子供時代があります。

そしてそれは本人が感じているよりも

考えているよりも、もっと悲しく悲惨な

子供時代です。

当事者はサバイバルして生き残った強者ですから

更に強くなって素直な目で自分を見られるまでは

自分の弱さと向き合うことは出来ません。

そして頑張れば頑張るほど愛から遠ざかります。

自分を育て直すということはこの類の絶望に

触れる瞬間が訪れます。

厄介です。

非常に厄介です。

「赤い糸」について書いていますが、この絶望は

赤い糸に触れられるかどうかの分水嶺みたいな

ところがあって、頑張ればどうにかなる部分とは

違います。

どのようなサビアン度数であっても22度は

受け身の要素が働いてこそ得られるものがあります。

これは21度で頑張ったからこその受身です。

他者からの愛はこれにとても似ています。

もっと言えば育て直しを望む様なタイプの人は、

絶望を受け入れることでこの受け身の要素という

愛される姿勢が身に付きます。

子供時代にあまり愛されずに育ったからこそ

自分を育て直す必要を感じるということは

愛されることも苦手だと言うことです。

この致命的な欠点は絶望することで得られる

ものです。

これは非常に辛いことなので、補助輪のような

ものとして冥王星とアスペクトのある個人天体の

活用をお勧めします。

これはその人が命懸けで頑張ることで変容する

天体です。

その天体があるかどうか、あった場合はサイン、

ハウス、サビアン度数等々で使い方はまるで

異なりますが、頑張った分の強さはそこに

蓄積されていますから絶望に負けずに

愛される自分を信じて待つことです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!